「Analog.Man Boss SD-1/808」エフェクターレビュー!

Analog.Man Boss SD-1/808

「Analog.Man」のモディファイペダルは、
「BD-2/Super」は以前から知っていたものの、
「Boss SD-1/808」は初めて弾きました!

スポンサーリンク

サウンドレビュー

「Analog.Man Boss SD-1/808」ですが、
「SD-1」のサウンドとは別物に感じました。

それもそのはず、そもそもこのモディファイ自体、

TS-9/808と同様のMODをSD-1に施したもの

とのこと。

かといって、
「TS-9」ベースのサウンドかというと、
そこまで、ミッドレンジが張り出した感も僕は感じませんでした。

BOSS SD-1 MIJ & Analogman SD-1 808MOD

一音出した時の印象としては、
不快に感じるような部分がない、
まとまりのあるサウンドに仕上げられているな、
と感じました。

ほどよく太さもありますし、
コンプレッション感も適度にあります。

ただちょっと、、
音がまとまりすぎているかな、と。

僕の好みとしてはもうちょっと、、
暴れた感じほうが好きかも、、^^;

どちらかというと、
「Analog.Man Boss SD-1/808」は、
優等生な音がするペダルですね(笑)

それと一言でいえば、
弾きやすい音が出せるペダルだな、と^^

あ、「ブリブリする音が嫌い」という人は、
結構好まれるかもしれませんね♪

ゲインレンジについて

ゲインは結構稼げます。

「TS-9/808」よりもゲインは高いとのことですが、
純粋に「TS-9」と比べても高いと思います。

巷でよくいわれている、
「TS-9でゲインが足りない場合は良い」
というのは頷けますね^^

これだけ歪ませることができれば、
単体のODペダルとしても十分に活躍できるかと。

それからアウトプットレベルも十分ありますので、
もちろん、ブースターとして使えます。

ピッキング・ギターボリュームへのレスポンスについて

さすがは「アナログマン」というべきか、
ピッキング・ギターボリュームに対しての
レスポンスは明らかに「SD-1」ではないです(笑)

ギターボリュームを絞れば、
滑らかにゲインが落ちていきます。

クリーンサウンド近くまで、
ゲインコントロールも可能ですね^^

正直、「SD-1」で、、
このような操作感を味わえるとは、
思ってもいませんでした(笑)

まとめ

「BOSS」ペダルは耐久性もありますし、
この「Analog.Man Boss SD-1/808」、
真空管アンプはもちろんのこと、
「JC-120」とも相性が良いです。

手元にあると安心できるペダルですよね^^

あとなんといっても、
ベースになっているのが「BOSS」ペダルだけあって、
音作りはしやすいです。

この操作感、音作りのしやすさは、
初心者の方にもおすすめできるペダルですね♪

でもちょっと価格が高いのが難点です、、^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました