「VOX Tone Garage Flat 4 Boost Boost」エフェクターレビュー!

VOX Tone Garage Flat 4 Boost Boost
VOX Tone Garage Flat 4 Boost Boost

この「Flat 4 Boost」は、
友人の所有していたものを弾かさせてもらいました。

良い良いとは聞いていましたが、
実際に触るのはこれが初めてでした。

スポンサーリンク

ペダルレビュー

真空管内蔵のペダルですが、
なんと…単三電池×6本でも駆動するんですね。

また電源も少し変わっていて、
筐体上部にスイッチがあります。

VOX Tone Garage Flat 4 Boost Boost

「ON」にするとプラグを差さなくても、
真空管が光ります(笑)

VOX Tone Garage Flat 4 Boost Boost

このギミック的な仕様、良いですね^^

サウンドレビュー

音は良いです。正直ビックリしました(笑)

一音出した瞬間、「これ、良いね!」と、
声を上げてしまいました^^

エフェクター臭さを感じさせない音…
「200V」の高電圧で真空管をドライブさせる、
「Hi-Volt」という技術はすごいですね^^;

艶やかでどこかカドのとれた、
プリンッとした質感が弾いててすごく気持ち良いです。

コントロールについて

「Gain」はクリーン~クランチぐらいまでカバーします。

クリーンブースターとしても優秀ですが、
「Gain」をMaxにすると…

極上のクランチサウンドペダルに化けます(笑)

フェンダー系サウンドと言われていますが、
確かに立ち上がりの良いジャキッとした、タイトでソリッド感のある音。

カッティングプレイなどにもってこいの音だと思います^^

ボリュームを絞れば、立体感のある、
エフェクターとは思えないクリーンになります。

僕ならこの「Flat 4 Boost」を、
常時ONでプリアンプとして使うと思います。

コントロールは「Gain」「Level」
「Mid Boost」「High」「Low」です。

「Mid Boost」をONにすると、
反応性はやや落ちますが、程良く中域が持ち上がります。

ただし、そこまで中域は張り出さず、
やや太くなる印象を受けました。

ストラトなど、シングルコイルのギターなら、
「ON」にしておきたいと思いました。

「High」「Low」ですが、
とりあえず、12時ぐらいの位置で弾いてみました。

で、気になったのが、
結構高域がキツイな、、ということでした^^;

下げきると少しこもりますので、
僕の場合、大体9時ぐらいで落ち着きました(笑)

とにかく、高域は強調できますので、
ハムバッカー系ギターでもエッジの効いた音作りができそうです。

「Low」は、12時前後で丁度良かったのですが、
試しに上げていくと…2時以降ぐらいから、低音がプッシュされていきます。

面白いのが「Low」を上げていくと、
モダンなサウンドになる感じがするんですよね。

重厚感あるブーストサウンドも作れると思います。

それとノイズ。

真空管を使用しているのに、
このノイズの少なさは優秀だと思います。

まとめ

正直、見た目は好みではありません^^;

でも音は最高です(笑)

ブラインドテストでこのぺダルを弾いたら、
「これ、何?欲しい!」といってしまうでしょうね。

食わず嫌いといいますか、
「見た目嫌い」は良くないな、とつくづく思わされました^^;

これ…オススメです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました