[TC Electronic Ditto Looper」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

単純明快!実用性の高いルーパーペダル、
「TC Electronic Ditto Looper」を紹介します^^

ditto looper

ルーパーなら、最近のディレイペダルの場合、
標準搭載されているものが多いですよね。

でも、、

ディレイペダルならディレイとして使いたい!
そう思うのは僕だけでしょうか(笑)

使用感について

で、ルーパー単体としてなら、
「BOSS」のルーパー、「RC-3」などもありますが、

  • 単純にフレーズをループさせたい
  • 極力バイパス音を劣化させたくない
  • 簡単に操作できる

そういった方なら、
この「Ditto Looper」がおススメです^^

録音される音の質も高いです♪

実際に梱包されている説明書を見てみても、

ditto looper 説明書

これだけです(笑)

機能を見てみても、

  • 録音/オーバーダブ
  • アンドゥ/リドゥ
  • ループレベル(録音レベル)調整
  • トゥルーバイパス

非常にシンプルです。

「録音/オーバーダブ」について

「録音開始」はスイッチを1回、
「オーバーダブ」は録音した状態から、
もう1回踏めば録音モードになります。

ただ、、ちょっと慣れないと難しいのは、
音を止める時です。

スイッチを2回踏む必要があるんですよね^^;

これは他のルーパーで慣れている人には、
違和感を感じるかも、、

そして録音したフレーズを消す場合は、
2回目に踏んだ時にスイッチを長押しします。

ただし、数十分使えば慣れるとは思います♪

ちなみに録音時間は5分間、
オーバーダブは無制限、十分なスペックです。

それと素晴らしいのが、電源を切っても、
録音したフレーズが消えないこと、
これはすごく便利だと思います。

あとオーバーダブした時も、
3~4回ぐらい録音した程度では、
前に録音した音の劣化は感じませんでした♪

「アンドゥ/リドゥ」について

嬉しい機能としては、
「アンドゥ/リドゥ」が可能な点です!

「アンドゥ/リドゥ」は、
録音した状態でスイッチを長押しします。

これは録音したフレーズの取り消し、
または取り消したフレーズの復元ができる機能です。

「アンドゥ/リドゥ」は便利な機能なので、
このサイズで使えるのは素晴らしいですね!

「ループレベル(録音レベル)調整」について

筐体にある1つのツマミ、
これは録音した音量を調整できるツマミです。

ditto looper

録音したフレーズが大きい、
小さいといった場合でも、即座に調整できます。

何気にこれも、
ライブで使いたい人には便利だと思います^^

トゥルーバイパスについて

「Ditto Looper」の魅力、
それはバイパス音の劣化が皆無な点です。

ルーパーを頻繁に使う人ならまだしも、
そうでない人の場合、ルーパーを繋ぐことで
バイパス音が劣化し、出音に影響する、、

耐えられない人もいるでしょう。

しかしここはさすが、
「TC Electronic」クオリティですね^^

僕はバイパス音の劣化は感じませんでした。
バイパス音に拘る人にはおススメですね!

まとめ

いいですよ、このルーパー。

コンパクトでシンプルだけど、
ルーパーとして必要な機能は備え、
バイパス音も良し!

使い方次第では色々できそうです。

しいてデメリットといえば、
リバース再生やハーフスピードでの再生、
電池駆動ができない点ぐらいでしょうか。

でも、これらのデメリットは、
僕にとっては気にならない点だったので、
ルーパーとしては「Ditto Looper」で充分でした^^

あとUSB端子も付いているので、
何か拡張性を感じます。楽しみもありますね!

ditto looper USB端子部

「ルーパーモードに切り替えなきゃ、、」
なんてこともありませんから、このルーパーなら、
活躍する機会が増えそうです(笑)

楽天市場で探す

Amazonで探す

サウンドハウスで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました