「Pedal diggers 108」エフェクターレビュー!

「Pedal diggers 108」
エフェクターレビューです^^

Pedal diggers 108
Pedal diggers 108

こちらはシリコントランジスタ、
「BC108」を用いたシリコンFazz Face系のペダルです。

パーツ選定にも拘り、制作されたペダルとのことです。

「Pedal Diggers」といえば、
「819」の存在もありましたので、
この「108」も楽しみにしていました^^

スポンサーリンク

サウンドレビュー

コントロールはボリュームとゲイン、
音は一聴して…シリコン系ファズフェイスだと分かります。

出音は余分な低域や音圧感はなく、
かなり音抜けが良いなと感じました。

そして芯から歪む感じと、
ファズらしい毛羽立ち感の効いた音でしたね^^

ただ、どちらかというと優等生な感じなので、
物足りなさを感じる人もいるんじゃないかな?とも感じました

ギターボリュームへの追従性について

ァズフェイス系といえば、
肝心なポイントとして…ギターボリューム絞った時の挙動です。

これはクリーン〜クランチ〜ファズ、
といったように非常にスムーズに歪み量が可変していきます。

特にクランチ〜ファズまでが、
すごくスムーズ可変してくれるので、
ファズっぽいオーバードライブサウンドも得ることができます。

このポイントをカバーしている、
ファズフェイス系ペダルって意外と少ない気もします。

それとボリュームを絞っていった時、
高域が残り、ジャリっとした響きが強調されます。

この点に関しては、
「Buffalo fx CVIII Silicon Fuzz」のほうが、
よりナチュラルなトーンで好みに感じました。

Buffalo fx CVIII Silicon Fuzz

ただそうはいってもこの「108」、
サスティンもあり、減衰音も滑らか…
良質なファズフェイス系ペダルに感じる人もいるでしょう。

あとゲインコントロールのツマミですが、
わりと使えるポイントが広いと感じました。
どのポジションでも音が腰砕けしないといいますか。

ギターボリュームを絞って得られるような,
クランチサウンドがゲインのツマミを下げても得られる…

クランチサウンドが作れる点、
きちんと使える点は魅力なんじゃないでしょうか^^

それとどこかの楽器店の説明に、

ギター側のToneが0の時のみの特殊な歪み方で、0にした瞬間、輪郭の倍音が瞬時に暴れ、一層荒々しい歪み方になる

とありましたが、これは確認し忘れてました^^;

まとめ

細かいところにまで、
こだわりを感じるファズフェイス系ペダルだと思いました。

でもその割に価格帯はおさえられているんですよね^^

他のファズフェイス系ペダルで、
もう少し太く芯から歪んでほしいな…
クリーン・クランチも使える音だったら良いのにな…
そんな不満を持っていた人におすすめしたいですね^^

管理人
管理人

こちらは友人所有のモノで弾かせてもらいました!感謝^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました