「MXR CSP-026 74 Vintage Phase90」フェイザーエフェクターをレビュー

フェイザーの名機!

「MXR CSP-026 74 Vintage Phase90」レビューです^^

「MXR Phase90」は、
フェイザーを買おうと思った人なら、
一度は弾いたことがあるポピュラーなフェイザーだと思います^^

サウンドレビュー

この「CSP-026 74 Vintage Phase90」は、
「Phase90」が登場した1974年初頭の「スクリプトロゴ」の復刻版。

「MXR CUSTOM SHOP」名義から発売されたものです。

「MXR Phase90」の中では、
エグみのない、わりとアッサリしている音、僕はそう感じました。

といいますのも僕が持っていた、
「Phase90」でジムダンロップ名義の古いものがありました。

MXR Phase90

これは「CSP-026 74 Vintage Phase90」よりも、
エフェクトがエグいかかり方をしますし、音も太かった印象があります。

どちらかというとカッティングなどで使うよりは、
ソロなど、リードプレイ時に使うほうが気持ちよかった印象でした^^

あと、生産されてた時期によっても音が違います。

音が変わる時期を大きく分けますと、

  • 「MXR」期に生産されていたもの
  • 「Jim Dunlop」期に生産されていたもの

です。

でもジムダンロップ期のものでも音が違います。

中でも初期のジムダンロップのもの、
1987年製のPhase90は「MXR」期のものに近いと感じました。

2000年代→1987年製→1980年製→1974年製(BUD Box)の順に弾いてみました

あ、ちなみにこれは、
「Distortion+」にもいえることですね。

そして「MXR」期のもの、
いわゆるヴィンテージ「MXR」ペダルは、
今でも人気がありますよね^^

「MXR」期と現行品とを比較すると?

そうなりますと「MXR」期のものと、
現行品の「CSP-026 74 Vintage Phase90」と比べてどうか?

気になりますよね?

弾き比べしている動画ありましたので、紹介しておきます。

それから↓こちらの動画も^^

真ん中の「Phase 90」がヴィンテージの「Phase 90」とのこと。

ちなみにぼくも手持ちの74年製BUD BOXの個体と比較してみました。

個体差もあるでしょうから、
一概にはいえませんが、音は違うものの、
現行品でこのクオリティならなかなかのもの。

故障なども考えるとライブでバンバン使うなら、
この「CSP-026 74 Vintage Phase90」のほうが良いかも。

ちなみにこう聞き比べてみると、
「Whirlwind Orange Box」は良さそうですよね^^

この「Whirlwind」は、

MXRの創始者、
マイケル・ライアコナ本人の手による
究極のOriginal MXRレプリカ

ということで話題になったペダルで、
僕も気になっているメーカーさんでした。

で、この「Whirlwind」も僕の環境で、
手持ちの74年製のPhase90と比較してみました。

ぼくは75年製のPhase90も所有していましたが、
どちらかというとこの「Whirlwind」は75年製に近い印象でしたね。

…で、話を戻しますが、
現行品の「Phase 90」ならどちらが良いのか?

これは個人の好み次第ですが、
「74 Vintage Phase90」のほうが、
オールマイティーに使えるのでは?と思います。

とにかく!

フェイザーを買うのであれば、
「Phase 90」は是非弾いてみてほしいです。

フェイザー選びの基準になるエフェクターですよ^^

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Phaser
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました