「Maxon CS-550」レビュー!Char監修のアナログコーラスエフェクター

マクソン アナログコーラスの名機、Char氏監修の「Maxon CS-550」をレビューします!

Maxon cs-550

「Maxon CS-550」といえば、
Char氏監修のアナログコーラスであり、1995年に発売されました。

コーラスエフェクターというと、
「BOSS」か「Maxon」か?そう思われる方もいらっしゃるかと。

僕自身、かなりコーラスを多用していた時期がありました。

その時、メインとして活躍してくれたのがこの「Maxon CS-550」でした。

所長
所長

「TC ELECTRONIC」の「Stereo Chorus+ Pitch Modulator & Flanger」と共に活躍してました

サウンドレビュー

ギター1本で厚みと立体感のあるサウンドをだせる、
当時、僕の中でイメージに合ったのが「Maxon CS-550」でした。

「Maxon CS-550」はアナログコーラスらしい、
太く、エグい効きをしてくれるアナログコーラスです。

アナログコーラスというと、
「CE-2」も名機ですがに比べると太さ、アナログらしさは「CE-2」。

「Maxon CS-550」はより爽やかなサウンド、華やかさを感じますね^^

設定次第では、グニャグニャと大きく揺れたような、
サウンドも出せたのも「Maxon CS-550」は魅力、トレモロっぽい感じにもなります。

所長
所長

設定の幅が広い分、セッティング、好きなポイントを見つけるのが難しいかも^^;

エフェクトレベルを調整できるツマミがある

あと嬉しいことに「CS-550」の場合、
エフェクトレベルを調節できるツマミがあるので、
エフェクトオン時に音量を上げることも可能。

エフェクトレベルを調整できるコーラスエフェクター、
あるようでないので、嬉しい仕様といえます。

CS-550の初期型と現行品の見分け方

初期型と現行品TBS仕様の見分け方については、
MAXON公式サイトの「よくある質問集」に記載されています!

現行CS550(TBS)と初期(旧仕様)CS550の見分け方はありますか?

・初期モデルはLEDが透明で、現行モデルは赤色です
・初期モデルには上部に「DC IN.(+)―◎―(-) DC10V ONLY」の表示があります
・英数字が組み合わされた製造番号で最初の二桁が05以上のものはTBS仕様
・英数字が組合された製造番号で最初の二桁が03以下のものは旧仕様のCS550
・数字だけの製造番号のものも旧仕様のCS550

引用元:MAXON公式サイト よくある質問集

つまり、現行品はTBS(トゥルーバイパススイッチ)が採用されていますが、
初期型(旧仕様)は採用されていません。

マクソンの弁当箱エフェクター系は、
メーカー純正の10Vアダプターな点でしょうね^^;

所長
所長

現行品CS-550は9V/36mAで駆動しますので、初期型のCS-550の場合は注意が必要ですね。

僕が持っていたものはいわゆる初期型のもの。
マクソン純正の10Vアダプターで駆動させるものでした。

まとめ

今でも全然使えるアナログコーラス、
名機の一つだと、僕は思っています^^

やはり…日本の誇る素晴らしいエフェクターブランドですね!

サウンドハウス

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Chorus
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました