「Lovepedal Purple Plexi 100」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

Lovepedalの中でも当時はレアだった、
「Lovepedal Purple Plexi 100」
サウンドレビューです^^

purple plexi 100

「マーシャルプレキシサウンド」
を意識したペダルとのことで、
かなり期待感をもったペダルでした。

最近のものでも、
2種類ほど発売されていますよね。

写真のものはこれらのもの、
復刻したものではなく初期のころ、
「purple plexi 100」です。

動画を見る限りだと、
おおよその印象としてはあまり変わらない気もしますね。

さて「Purple Plexi 100」ですが、
当初は同ブランドの「COT50」をベースに、
ボリューム、トーンを追加したものかな?
と勝手に想像していました。

でも実際は違いました(笑)

どう違ったか?

「COT50」よりディストーション的な音ですし、
やや音の線も細いかな?といった印象でした。

ぼくは「COT50」ほどの感動はなかったんですよ^^;
期待しすぎていたのもあったでしょうけど。

ちなみに「COT50」も個体差や、
発売されていた時期によって音は異なります。

この印象を持ったのは、
「ML」として復刻したバージョンのものです。
(「COT50」のレビューはこちらからどうぞ)

「ML」よりはゲインレンジも広いです。
あと同ブランドの「Plexi 800」ほどは歪みません。

個人的には「Plexi 800」は歪みすぎる、
(ゲインを最小にしても歪むんですよね)
「purple plexi 100」のほうが好きでした。

ギターボリュームへの追従性、
これはさすがはラブペダル、抜群ですね。

ただボリューム絞った時のクリーントーンも、
「COT50」のほうが「艶」「枯れた」ニュアンスが
アンプっぽく良い感じでした^^;

回路的なものか?

「COT50」よりも加工感、
エフェクター臭さを感じてしまいました。

それでも一般的なペダルの中では十分に
アンプライクなペダルなんですけどね(笑)

あと仕方がないのですが、
バッファーの干渉はモロに受けます^^;

干渉を受けると、さらに音が細くなり、
シャリシャリした音になってしまい、
このペダルの良さは無くなってしまうんですね。

BOSSペダル、僕の場合なら「WH-10」などの、
後段に繋げません、、

そういった煩わしさから、
僕は使わなくなってしまったペダルでした^^;

もしこの「Purple Plexi 100」に、
太さと生々しさが付加されていたペダルがあったら、
かなり物欲そそられそうなんですけどね^^

↓最新版「Purple Plexi 100」

こちらも機会があれば弾いてきます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました