「Keeley Electronics Red Dirt Overdrive」エフェクターレビュー!

「Keeley」新しいオリジナルオーバードライブ、
「Keeley Electronics Red Dirt Overdrive」を弾いてきました(^-^)

Keeley Electronics Red Dirt Overdrive

「HP」と「LP」の2モード切り替え、
ボリューム、トーン、ゲインといった比較的、
シンプルなコントロール。

一見すると「Fulltone OCD」に似ていますが、
音だしてみると…「OCD」とは違いました。

スポンサーリンク

サウンドレビュー

同ブランドのTube Screamerモディファイが
ベースになっているそうですがTube Screamerほど
中域の押し出し感はない、わりとスッキリした音です。

ただコンプレッションは効いていていますし、
密度のある歪みの質感であるのとサスティン良好です^^

ゲインレンジはクリーンブーストから、
ディストーションまでカバー。

ストラトと「JC-120」でも、
しっかり歪ませることができました。

アウトプットレベルが結構大きいので、
アンプブーストに使うのも良さそうでしたね。

個人的にちょっと残念だったのが、
ある程度ゲインを上げて、ギターボリュームを絞ると、
綺麗なクリーントーンにはならなかったことです(^_^;)

この点は「OCD」のほうが優秀でしたね。

ただこれは、
クランチ〜オーバードライブ、ディストーション、
で使う場合は関係ないでしょうね。

それからJFETシステム
(JUNCTION FIELD EFFECT TRANSISTOR)採用、
とメーカー説明にはあります。

同じくこのJFETシステムを採用していた、
「D.A.M Sonic Titan」に比べてみると、
「Red Dirt Overdrive」のほうが…
明らかにピッキングなどの反応性は落ちる印象を受けました^^;

まとめ

「使いやすい歪みペダル」ですが、
個性的、癖のあるペダルではないので…
僕は物足りなさを感じてしまったのが正直なところです、、

逆に癖がないほうが良い、
という人には向いていると思います(^-^)

あとはアンプで気に入ったクリーン、
クランチサウンドが作れているる人がさらに歪ませたい、
そんな場合には是非試して欲しいペダルですね。

created by Rinker
Keeley Electronics
¥41,962(2020/10/28 13:48:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました