「JAM Pedals Fuzz Phrase」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

ギリシア発ハンドメイドペダル、
ファズフェイスベースのモデルとして知られる
「JAM Pedals Fuzz Phrase」です。

JAM Pedals Fuzz Phrase

ファズフェイス系ペダルの特徴は、
ギターボリュームをコントロールしたときに得られる、
クリーントーンからクランチ、そしてファズサウンドですよね。

リニアな反応でコントロールで楽しむことができる、
それがファズフェイス系ペダルの面白さ、魅力でもある感じています^^

サウンドレビュー

この「Fuzz Phrase」ですが、
厳選されたゲルマニウムトランジスタを使用、
パーツにこだわり、ヴィンテージサウンドを蘇らせたペダル、
といわれていますが、ちゃんと現代シーンでも使えるモダンさ、
も兼ね備えていると思います。

確かになかなかクオリティの高いペダルでした。

ただ、、数台弾いたことがある方の話では、
「当たり」「ハズレ」があるペダルでもある、
という話も聞きましたね、、(-_-;)

でもこれは、この「Fuzz Phrase」に限ったことではなく、
ゲルマ系のトランジスタを使っているペダルにはあるそうです。

幸い、管理人の所有していた
「Fuzz Phrase」は当たりの個体だったそうで、
管理人にとって「Fuzz Phrase」は良い印象のペダルでした♪

で、ハズレの場合はどんな場合か?
これはファズ通の友人談などからすると、

「サスティンの減衰が不自然でブツっときれる」
「ボリュームを絞っても綺麗なクリーントーンがでない」
「芯のない抜けの悪いサウンド」

などなどが一例だそうです。

ですから僕にとってこの「Fuzz Phrase」は、
ファズ選びの基準の一つになっていますよね。

個体差がある分、
こういったレビューもアテにならないかも、、
とは思いつつレビューを書きましたが、

この動画のサウンドを聞くと理解していただけるかも^^

当たりかハズレか、チェックしてから購入、
要問い合わせor試奏ですね( ̄▽ ̄)

楽天市場で探す

Amazonで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました