「Bogner Uberschall」レビュー!ラウドなサウンドが作れるディストーションエフェクター

モダンハイゲインペダル、
「Bogner Uberschall」を弾いてきました^^

試奏環境は「Ecstasy Blue」を
弾いた時と同じく、ストラトと「JC-120」。

「Ecstasy Blue」を触った後なので、
シンプルなコントロールにはホッとしました(笑)

サウンドレビュー

この「Uberschall」、
ハイゲイン専用ペダルかと思っていましたが、
結構ゲインの幅は広いです。

オーバードライブサウンドもだせます。

意外でしたね…

ゲインは大体三時くらいからグっと歪み、
正にモダンなハイゲインサウンドです。

「Uberschall」アンプは弾いたことがないのですが、
実際にUberschallを弾いたことがある方の話では、
サウンドキャラクターは似ているそうです。

あと「JC-120」でも中域から低域まで太く歪みます。

ノイズは少ないです。
この辺はさすがといったところでしょうか。

ゲインレンジは「Blue」より広いですが、
おそらく一番の売りであるハイゲインサウンドは、
管理人の好みとはちょっと違うかな~と^^;

本来の使い方とは違うと思いますが、音に「粘り」があります。

クランチ~ハードクランチサウンド
ぐらいで使ってみたいな、とは思いました。

反応性は今回発売された
「Bogner」エフェクターに通じるものなのか、
なかなか良いですね。

ちゃんとギターボリュームでゲインコントロールできます。

12時ぐらいまでのゲインであれば、
ストラトならクリーントーン近くまでゲインを下げることも可能です。

まとめ

セッティングは分かりやすいので、
直感的な音作りができるでしょう♪

扱いにくさは「ない」と思います。
いたってわかりやすいです。

ブースターはこのモデルだけ、ボリューム調整です。

単純にボリュームを上げるだけでなく、
ややプレゼンスが強まり、抜け感を向上させている印象を受けました。

「Blue」ほど環境に左右されないように感じましたので、
クリーンアンプでガツッと歪ませたい方は、
一番これが手っ取り早いのではないでしょうか^^

サウンドハウス

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Distortion
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

  1. vax より:

    キングクリムゾンと同じく、やっぱりred
    でしょう…

Translate »
タイトルとURLをコピーしました