Marshall 1987を再現したアンプライクな「Blackberry Jam Cacao」 をレビュー

Blackberry Jam Cacao
Blackberry Jam Cacao

このペダル、

1973年中期までの Marshall 1987 サウンドを再現したペダル

といった感じで、
意外とモノがないとこをついてきた、
国産マーシャル系ペダルです。

ペダルレビュー

ツマミは5つ。

表記がないのでわかりにくいですが、
上段左からボリューム、ゲイン、プレゼンス、
下段左からトレブル、ベースです。

これだけツマミがあると、
音決めが難しかったりするのですが、
効きはわかりやすいのでそこまで戸惑わないと思います。

特にプレゼンス、トレブル、ベース、
この3EQの効きが絶妙で、ツマミを触っても、
中域はしっかり残ってくるんですね。

また全てのツマミはゲインと連動して効きますね。

とにかく音決めのセンスが良く、どこか…
国産ペダルっぽくない出音に驚きました^^;

↓この動画の8分30ぐらいから、
「Cacao」を弾いていますが各ツマミの効きを解説してくれています^^

かなりEQは効きますので、
幅広く音を作ることは可能ですが、
とりあえずよくわからないという場合は…
12時ぐらいの位置からスタートしてみても良いと思います^^

サウンドレビュー~他マーシャル系ペダルと比較してみました!~

実は先日、友人が購入したので、
先日一緒にスタジオに入った時に、
Gold 45/100」「Diablo Gain+」と比べてみました^^

Marshall Pedals

…で、この三機種を比べた印象だと、
出音としてはちょうど中間ぐらいに位置するなと。

まず中低域の荒々しさは、
「Gold 45/100」ほど暑苦しくないです。

それと歪みの質感としては、
「Diablo」ほどモダンな感じではなく、
どこかファジーさを感じました。

「JTM」系と比べると扱いやすく、
「JCM800」系以降のマーシャル系ペダルより、
ヴィンテージテイストが感じられるペダルですね。

初めて弾いた時は比較的、
アッサリした出音に感じましたが、
中域がしっかり鳴っているのもあってか、
音に立体感が感じられる、正にアンプライクなペダルです。

あとゲインレンジは広く、
ハードロックでも十分使えるぐらい歪ませることも可能です。

個人的にはクランチ程度に歪ませた時が好印象でしたね^^

JC-120との相性もよく、プリアンプ的に使える!

この「Cacao」のメリットですが、
JC-120でもいい感じのマーシャル系サウンドを鳴らせます。

歪ませた時に程よい中高域、コンプ感が、
JC-120特有の「音の硬さ」を軽減してくれる印象がありました^^

それとギターボリュームへのレスポンスは高く、
ボリュームを絞った時も腰砕けしないクリーンが魅力ですが、
これもJC-120でも如何なく発揮してくれました。

僕の中では対JC-120用、
マーシャル系ペダルの3本指に入るペダルかもです。

まとめ

高域のジャッリとしたバイト感、心地よい暴れ感…

ヴィンテージマーシャル系ペダルの中では、
かなり扱いやすいタイプのペダルでした。

これはヴィンテージマーシャル系ペダルを探している人、
価格が許せるのなら…是非、手にとってみてほしいペダルです。

サウンドハウス

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Over Drive
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました