JC-120にDirty Little Secret MKⅡを繋いでみました!

先日レビューした、
Catalinbread Dirty Little Secret MKⅡ
をJC-120で弾きましたのでレビューを紹介しておきます!

JC-120でマーシャルサウンドを出したい、
そう思われている方も多いのではないでしょうか?
(違う!という方はスルーしてください笑)

もしそう思われている方であれば、
「Catalinbread Dirty Little Secret MKⅡ」、
おすすめいたします!

DLS mk2とJC-120

↑管理人のペダルボードに組み込んでみました(笑)

Catalinbread Dirty Little Secret MKⅡを繋ぎ、
JC-120から飛び出してくるサウンド・・・

これ・・・本当に凄いですよ。

トランジスタアンプらしくない、
マーシャルともいえるサウンドが飛び出してくるじゃないですか!

マーシャルアンプ?
といわれるとYESとはいいきりませんが、マーシャル・・・
それもヴィンテージ系マーシャルサウンド、
ニュアンスがあるんです。

これは前回弾いた、
フェンダーのホットロッドデラックスでも感じました。

・・・ということはこのペダル、ブランドコンセプトのとおり、
「どこでもマーシャルサウンド」がだせるペダルといえますね!

ゲインの量もハイゲインとはいきませんが、
JC-120でもハードロックぐらいなら稼ぐことができます。

それと「プレゼンス」「フルネス」のEQですが、
調整次第で音圧を稼ぎ、音抜けもよくしてくれます。

あ、基本的に抜けはよいですね。
パーンっと音が前に飛んでいく印象がありますね。

おそらくですがこのペダル、
ミッド~ハイミッドレンジがしっかりだせるペダルなんです。

これがJC-120のトランジスタ臭さを消してくれる、
そしてマーシャルアンプらしさを感じさせてくれるのでしょうね。

またギターボリュームを絞った時のクリーントーンも十分に使える、
JC-120でも太くちゃんと歪ませることもできます。

マーシャルサウンド好きには是非一度試して欲しいです(^^)
これは本当におすすめしたい一台です♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました