Bogner Pedals 3機種を弾き比べました!

先日、いつもお世話になっている、
「きになるおもちゃ」のKさん、
友人Oさんと新年初のスタジオに入ってきました♪

そして気になっているペダル、
レアなペダルを弾いてきましたので順次レポしていこうと思います♪

Bogner Pedals 3機種弾き比べ!

まずレポ第一段はBogner Pedals 3機種、
「Red」「Blue」「Uberschall」を一挙に弾き比べレポから!

bogner pedal 3機種

各ペダルのレポは以前しましたが、
その時はJC-120で弾いたものでした。

今回はMarshall JCM-2000 DSL-100で弾いてみました。

当たり前かもしれませんが、
JC-120で弾いた時とは全く印象が変わりました。

中でも個人的にJC-120ではイマイチだった…
「Blue」がかなりよかったことです。

JC-120だと歪みの物足りなさ、
どこかチープに感じた音も一変!

バイト感もあり、
程よく太さが加わったイナタい、
クランチサウンドが飛び出してきました。

またブーストチャンネルを踏めば、
十分に歪んでくれますので、DSL-100なら、
この「Blue」がかなり好みのサウンドがだせました。

それに対し「Red」はJC-120でも変わらず、
無難に使える印象を受けました。

「Blue」より、
モダンなサウンドの傾向にありますが、
ただセッティング次第では「Blue」に似たサウンドも出せます。

「Uberschall」は個人的に…
かなり癖がでるな、そう感じました^^;

ちょっとJC-120で弾いた時より、
イマイチな印象だったのが正直なところでした、、

なんというかモダンすぎるというか、、
中域の癖が強く感じられました。

あ、これは管理人の好みではない!
ということですのでよろしくです–;

このことからも、

  • 様々な環境で使うなら「Red」が使いやすい
  • 「Blue」はトランジスタアンプではなく、
    ある程度のクラスのチューブアンプに繋ぐほうがよい
  • 「Ubershall」はトランジスタアンプで使ったほうが、
    変に癖がでないので扱いやすい

…かな、と思いました。
…で、3機種の中でおすすめのモデルはというと…

「Red」かなと。

Bogner Ecstasy Redの画像

Bogner Ecstasy Red

特に管理人もそうですが、
スタジオやライブハウスにあるアンプを使う方には、
「Red」という選択が一番でしょう。

スタジオという環境で、
大きな音で弾ける貴重な機会をいただけたこと、
Kさん、Oさんありがとうございました♪

まだまだレポしたいペダルはありますがそれは次回で♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました