「YAMAHA DG-Stomp」ペダルレビュー!

スポンサーリンク
DG-Stomp

DG-Stomp

この「YAMAHA DG-Stomp」、
廃盤となっているモデルですが、
評判の良いプリアンプ型ペダルです^^

発売当時、この「DG-Stomp」と、
「Line6 POD」で悩んだ記憶があります。
その時はPODを買ったんですけどね^^;

あらためて弾いてみると…ビックリしました!

スポンサーリンク

サウンドレビュー

これ…まだまだ使えるペダルです、本当に^^

いい感じですよね♪

自宅環境でヘッドフォンで試しましたが、
一音出したときに 「おっ!」と思いました。

なかなか生々しいサウンド、
スピーカーシミュレーターが良いんでしょうね♪

各アンプモデルは、
「フェンダーっぽい」「マーシャルっぽい」
といった感じでなかなか面白いです(笑)

中でも「CRUNCH2」と「LEAD1」「LEAD2」のサウンドが好みでした♪

「LEAD1」「LEAD2」の歪みは、
ファズっぽい感じなのでファズ好きな人にはおすすめですね。

特に「LEAD2」はちゃんとピッキング、
ボリュームでゲイン、ニュアンスをコントロールできます♪

基本、この「LEAD2」だけでも演奏できそうです(笑)

マルチエフェクター的にも使える!

この「DG-Stomp」はペダルスイッチでパッチ切り替えや、
マルチエフェクターのようにエフェクトを切り替えできるのも良い点です。

フットスイッチは四つ、
「タップ」「パッチサウンドの切り替えモード」、
「モジュレーション・ディレイ・リバーブのON/OFFモード」、
以上のモードを選べます。

この仕様はライブでも使えます♪

またパッチ切り替え時も音切れなし!
素晴らしいです。

※異なるアンプモデルを切り替えたときは
若干タイムラグは気になります^^;

それから内蔵のモジュレーション系やディレイ、
リバーブですが、まずまず使えるレベル。

個人的にはモジュレーションが…
もうちょっと音作りができれば最高なんですが、
セッティング次第では飛び道具系(※)みたいな音も作れます。

※デフォルトのパッチサウンドで確認できます。

強いていえば、僕の大好きなエフェクト、
フェイザーがちょっと好みではなかったですね、、

「YAMAHA」は「THR」アンプシリーズも好評ですが、


10年前ぐらいに発表された、
「DG-Stomp」でも良い仕事をしてたんですね(笑)

中古でしか見かけることはできないでしょうけど、
もし見かけたら一度手にとってみてください♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました