アナログディレイ!「Xvive MEMORY ANALOG DELAY XV-W3」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

「Xvive MEMORY ANALOG DELAY XV-W3」
エフェクターレビューです^^

Xvive MEMORY ANALOG DELAY XV-W3

Xvive MEMORY ANALOG DELAY XV-W3

こちらはアナログディレイ、

1970年代中頃、Electro Harmonix社の製品設計に携わっていたHoward Mick Davis。彼が作り上げた渾身のアナログ・ディレイ・ペダル

とのことなので、
デラックスメモリーマンに肉薄するサウンドなら…
とかなり気になっていたペダルでした。

ただ公式サイトでもあまり説明はなく、
マニュアルも見つけましたが、
わかりにくかったので…レビューが参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

ペダルレビュー

コントロールのツマミは6つ、
「DELAY・DEPTH・SPEED・BLEND・FEEDBACK・DRIVE」。

僕が以前所有していた、
デラックスメモリーマンとは異なりますね。

Deluxe Memory Man

フットスイッチはディレイのON/OFF、
そしてモジュレーションのON/OFF。

モジュレーション(ロータリーコーラス)を、
別にエフェクトON/OFFできるというのは実用的ですね^^

またBBDチップは「MN3005」なので、
「Maxon AD-900」などと同様ということになりますね。

電源は9Vセンターマイナス、
250mA以上での駆動となります。

サウンドレビュー

ディレイサウンドについて

ディレイサウンドとしては、
間違いなくアナログディレイ、僕は結構好きな感じでした^^

デラックスメモリーマンと比べ、
あっさりした音の印象ではありましたが、
ただこれはバイパス音を含め、音痩せがないためかもしれません。

僕が好きなアナログディレイの条件として、

「鳴っているけど鳴っていない感じだけど、空間は埋めてくれる」

というのがあるのですが、
この「XV-3」もそういったニュアンスはありました。

また、この手のディレイペダルの場合、
そこまでディレイタイムにシビアでなくても、
使えるというのも魅力だと感じましたね^^

ちなみにディレイタイムは最長600msec、
実際弾いてみた感じ、個人的には十分事足りました。

あと試していませんが、
アナログディレイらしい発信サウンドも可能だそうです。

モジュレーションサウンドについて

フットスイッチを踏むことで得られますが、
揺れとエグさのあるコーラスサウンドがかけれます。

控えめにエフェクトをかける点では、
デラックスメモリーマンのほうがオイシイかなと^^;

エフェクトは「DEPTH」と「SPEED」で
調整可能、エフェクトのON/OFFできるので、
そこはメリットで、飛び道具的に使うには良いでしょうね。

ブースターとしても使える

BLENDを左に回しきれば、
ディレイ音はカットされるので、
この状態で「DRIVE」を上げていくことで、
最大20dBのブーストが可能です。

試奏したアンプはJC-120で、
歪むことはありませんでしたが、
アウトプットレベルはかなり高く、
ナチュラルなクリーンブーストをしてくれました。

クランチ程度に歪ませた状態からなら、
ゲインアップに十分なブースト量はありそうでした。

まとめ

ディレイ、モジュレーションディレイ、
モジュレーション、ブースター、
一台で四役こなせるペダルといえそうです。

デラックスメモリーマン超えする…
とはいいませんが、代用には成り得るペダルではないでしょうか。

この「Xvive」というメーカー、
低価格なラインアップが多い中で、
この「XV-3W」は高めの価格設定であるものの、
コストパフォーマンスは高かったです。

これなら初めてのアナログディレイとしても、
十分おすすめできますね^^

僕もペダルボードに納まるスペースがあれば…
買っていたペダルでした。

楽天市場で探す

Amazonで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました