「VOX Straight 6 Drive TG1-ST60D」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
VOX Straight 6 Drive

VOX Straight 6 Drive

以前レビューした「FLAT 4」同様、
真空管内蔵のペダルです。

VOX Straight 6 Drive

真空管内臓なのに単三電池×6本で動く、

Straight 6

すごいですね、やっぱり^^;

サウンドレビュー

この「Straight 6」、
他の方のレビューを見ていても評判は上々。

実際にどれほどのものか、気になっていました(笑)

…で、僕の印象としては、
「悪くないペダル」というのが第一印象でした。

音自体も好きな部類だけど、
「FLAT 4」を弾いた時ほどの感動はありませんでした^^;

それと見ためからTS系ODと想像していましたが、
これは…チューブライクな歪みが得られる、
アンプライク系オーバードライブでした(笑)

歪み自体はオープンな感じではなく、
わりとコンプ感があります。

ブリティッシュ系、いわゆる、
AC-30系を狙っているそうですが、
よりアグレッシブな音に感じました。

あとどちらかというと音は硬めです。

こう聴くとすごく良い感じなんですが、
好みは分かれるペダルかも、、

暖かなチューブオーバードライブ、
またTS系サウンドをイメージしていると、
見事…裏切られるかもしれませんね^^;

ちなみにボリューム、
ピッキングへの反応性も良く、
プリアンプ的にも使えるペダルです。

各コントロールについて

ゲイン、ベース、トーン、ボリューム、
そしてブライトスイッチが搭載されています。

Straight 6 EQ

各ツマミはかなり効きが良いです。

説明書を見ると、

Straight 6 Manual

こんな感じですが、
セッティング次第で幅広い音作りができます。

このシリーズの特徴?なのか、
とにかく高域が強調されがちなんですよね、、

ブライトスイッチはOFF、
トーンはゼロから上げていくと良いと思います。

ただブライトスイッチはかなり効くので、
ハムバッカーでもかなりタイトでソリッドな音は作れます。

あと各コントロールは意外とシビアかも、、

初心者にもオススメ!と僕は言いにくいです、、

トーンやベースの設定次第で、
音にコシがなくなったり、抜けが悪くなる印象があるんですよ、、

おいしいポイントを見つけるには、
ちょっと根気が必要かもしれませんね(笑)

ゲインレンジについて

オーバードライブペダルとはいえ、
フルにするとかなり歪みます。

またドライブはゼロにしても、
完全なクリーンにはなりません。

あと12時以降は低高域をカットされ、
中域が強調されていくと説明書にありますが
確かに中域の飽和感は増していきます。

ただ音が硬質な分、潰れにくく、
真空管アンプで歪ませたようなニュアンスが得られます。

この辺りは真空管の恩恵かもしれませんね^^

同価格帯ペダルで比較!

同価格帯でいえば、「RSOD」あたりでしょうか。

で、実際に比較してみましたが、

Straight 6 VS RSOD

Straight 6 VS RSOD

ボリューム、ピッキングへの反応性は同等、
ボリュームを絞った時のクリーンも双方使えます。

音の立体感・バイト感は、
「Straight 6」に軍配があがります。

ただ音・中高域の太さ、
弾きやすさは「RSOD」に分があると感じました。

あとハイポジションで弾いた時、
「RSOD」のほうが音は太く感じましたね。

エフェクター臭くない歪みが欲しければ、
この「Straight 6 Drive」を試してほしいです^^

楽天市場で探す

Amazonで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました