「VAHLBRUCH Sapphire Drive」 エフェクターレビュー!

スポンサーリンク


「VAHLBRUCH Sapphire Drive」
エフェクターレビューです^^

VAHLBRUCH Sapphire Drive

VAHLBRUCH Sapphire Drive

かなり以前にレビューリクエストを
いただいていたペダルでした^^;

お待たせしてすみませんでしたm(_ _)m

さて、ファールブルーフといえば、
Jewel Drive」を以前レビューしましたが、

VAHLBRUCH Jewel Drive

VAHLBRUCH Jewel Drive

このサファイアドライブはディストーションという括りのペダルですね。

ペダルレビュー

ドライブチャンネルと、
ブースターチャンネルの2in1ペダルです。

ツマミは「Jewel Drive」と同じように、
「Tone」の他、「Character」のツマミを搭載しており、
歪みのキャラクターに変化を加える事が可能です。

このシリーズにいえることですが、
ブースターチャンネルは単に音量だけでなく、
歪みも加えることができます。

「ドライブチャンネル」サウンドレビュー

「Jewel Drive」と比較すると、

Jewel Drive & Sapphire Drive

確かにディストーションだなと思いましたが、
オーバードライブの延長線上にあるかなと。

アンプは「JC-120」で試しましたが、
アンプライクなディストーションが得られる印象でした。

とにかくゲインレンジは広く、
ハムバッカーギターでも軽めのクランチサウンドが作れました。

↓シングルコイル

↓ハムバッカー

それとゲインを上げきれば飽和しきらない、
バイト感が残るディストーションサウンドと…
試奏レベルでは使えないポイントは感じられませんでした。

あと「Jewel Drive」に比べると、
出音はかなりスッキリしているので、
癖も意外と感じず、ストレートな歪みが得られました(※)。

※トーンとキャラクターを上げ目にした時

正直、「Jewel Drive」よりも、
アンプサウンドは活かせるんじゃないかなと思いました^^;

「ブースターチャンネル」サウンドレビュー

ブースターは単体では使えませんが、
独立して歪み(Drive+)と音量(Volume+)を設定可能です。

ですので、ドライブチャンネルを、
かなり歪ませた状態からでも音量、ゲインアップは可能です。

歪み量はドライブ+で上乗せできますが、
どちらかというと、ムチっとした質感を伴う印象でした。

ただ質感的にリード用の音を作る時は、
ちょっと埋もれる傾向にあるので、音量は上げ目にしたほうが良いかもです。

ギターボリュームの追従性について

ギターボリュームを絞れば、
クリーンにもなるので、思いの外幅広く使えそうなペダルでしたね。

ただ、ハリ・艶感という面でいうと、
ジュエルドライブに軍配があがるんじゃないでしょうか。

それでも全然使えないレベルではなく、
あくまで高次元で比べたら(ジュエルドライブと)という話です。

僕的には全然オッケーの範疇でしたね(笑)

まとめ

アンプライク系ディストーションなら、
これはオススメできるペダルです。

コントロールでかなり音作りできるのと、
ブースターチャンネルで音量、歪みをしっかり稼げるので、
個人的には「Diablo +」よりもおすすめかも^^

是非試してほしいと思いますが、
難点はなかなか店頭で見かけることがない…ことでしょうか^^;


コメント

タイトルとURLをコピーしました