「ROOT20 Fuzz 1964」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

ROOT20 Fuzz 1964

ROOT20 Fuzz 1964


機材協力:Thanks! @ConstipatedBeck

僕もかつてモディファイ等で、
お世話になったことのあるROOT20さんの
オリジナルファズエフェクターです。

そして今回レビューするのは、
「Tone Bender MK1.5」「Fuzz Face」系
のファズペダルとのことですね^^

ペダルレビュー

内部はモールドされていますが、
公式サイトの情報を見てみますと、

絶版の国産NPNゲルマニウムトランジスタ(hFEも選別)を採用しており

とありまして、
独自の選定で選ばれた、
おそらく2石系のファズペダルですね。

またサウンド面、仕様においても、
独自のアレンジが施されているそうで、
その一つがモードの切り替えスイッチです。

TREBLE、FATといった、
その名の通りの効果が得られる、
2種類のサウンドバリエーションが楽しめますが、
過激な効きはしない…ROOT20らしいですね。

ツマミも見たままですが、
Levelで音量、Fuzzでゲイン調整できます。

あとは青LED搭載、
外部電源にも対応しています。

サウンドレビュー

ROOT20らしさといいますか、
整った出音ながらも荒々しさは損なわない、
ファズサウンドが飛び出してきました。

2石系ファズとはいうものの、
ファズフェイスのような音の膨らみ、
飽和感よりもバイト感や音が沈む感じがあり…
この辺はベンダー系寄りな音にも感じました。

…ですが僕はオリジナル、
トーンベンダーMK1.5は弾いたことがありません^^;

ですので、手持ちのMK1.5系、
「Smitty Bender MK1.5」と比較してみました。

Smitty Bender MK1.5

Smitty Bender MK1.5

仕様としてはトランジスタにOC75が2個、
今では残念ながら作っていないみたいですが、
僕は気に入って使っていました。

ちなみに比較動画は、
「Fuzz 1964」の「Treble」モードと比較してみました。

こう比べてみると…
「Fuzz 1964」のほうが、
やや明るい音で湿った感じは弱い。

あと少しグシャっと、
潰れる感じはありますが、
体感できる音圧感は十分にありました。

どちらかというと…
ヴィンテージよりモダン寄りな、
そしてベンダー色は弱めなのかな?とも…

あとゲルマトランジスタなので、
出音は環境に左右されやすいのですが、
僕が試した限りでは極端にダメな音になる、
といったこともなく、ストレスなく使えました。

それといわゆるファズフェイス回路なためか、
ギターVOLなど手元で、リニアなゲインコントールも可能でした。

バイアス調整なしでこんな感じに鳴らせる…
と考えると「Fuzz 1964」はよくできていますよね^^

まとめ

国産トランジスタを使用しているためか…
いわゆるベンダーサウンドとは違うかもですが、
これはこれで全然アリなペダルかなと^^

実際、ROOT20さんもこのペダルは、
トーンベンダーモデルです!とは一切、
言い切っていないのも頷けました。

国産系ペダルらしい、
繊細さは感じられるものの、
変に縮こまらない出音のバランス感。

さすがだな…と。

…で。

実はこのペダルを弾いた後、
ROOT20さんのモディファイした、
「BD-2」を手に入れましたが、

ROOT20 Mod1 Premium Note2

ROOT20 Mod1 Premium Note2

やはり…

…出音の傾向は、
好きなんだなと再認識しました。

僕的にはおすすめしたい、
国産ハンドメイドペダルですね^^

公式サイト↓
http://www.root20.com/original1.htm


コメント

タイトルとURLをコピーしました