Roger Linn AdrenaLinn III

スポンサーリンク

「Roger Linn AdrenaLinn III」
エフェクターレビューです^^

Roger Linn AdrenaLinn III

Roger Linn AdrenaLinn III

まず始めにいっておきますと、
機能を書き出すとキリがないくらい、、

すごく多機能な機材です(笑)

サウンドレビュー

とりあえずどんなものか、
↓こちらの動画を見てみてください(笑)

音の生々しさ、クオリティー、
サウンドバリエーションにおいて、
トップクラスの実力を誇るエフェクター
といっても過言ではないと思います。

「AdrenaLinn」といえば、
その証拠に著名ミュージシャンが使用が目立ちます(笑)

他にも耳にしたことのある曲でも、
結構使われてるんですよね。

あぁ、この音って「AdrenaLinn」だったのかー、と(笑)

他のエフェクターでは難しいことも、
この「AdrenaLinn III」なら、容易に再現可能です(笑)

一見すると操作も難しそうですが、
意外と簡単なんですよね^^

…といっても、なれないうちは、
プリセットされたサウンドを使うと良いです。

なぜなら、プリセットされたものが使えるからです。

プリセットには、かの名曲で使われたであろう、
サウンドも用意されています^^

僕もはじめはずっと、
プリセットサウンドで弾いてました(笑)

豊富で使える内蔵エフェクト

エフェクトはとにかく豊富です。

特にアルペジオシーケンスを始めとする、
「AdrenaLinn」独自のサウンドは素晴らしいです。

これは「John Mayer」の、
「Bigger Than My Body」にも使われてますね^^

確かに「1」と「2」を併用していたはずで、
この「AdrenaLinn III」でもほぼ再現可能です^^

あと、「Octave Fuzz」という、
歪み系エフェクトも入っています。

これがまた・・・適度に毛羽立ちながら、
伸びやかなサウンドで、かなり好みの音でした♪

アンプシュミレーターとしても使える!

内蔵されている、
アンプシュミレーターもなかなか使えます。

「Fender」「Marshall」「VOX」をはじめ、
「Bogner」「Budda」「Matchles」といった、
シュミレーターが入っています^^

個人的に「Marshall」のシュミレーターは、
現行の「Line6」よりも好きな音でした(笑)

また、レイテンシーも少なく、
弾いていてもストレスは感じませんでした^^

ドラムマシンとエフェクトの同期が面白い!

ドラムマシン機能もあるんですが、
これが内蔵エフェクトと同期させることができます。

これがとにかく面白いです^^
エフェクトは歪みも加えることもできます。

しかもアンプシュミレーターを使用したまま、
エフェクトをかけたドラムマシンをバックに鳴らせます^^

ずっと遊べます(笑)

ルーパーなどと併用すれば、
一人でライブすることも可能だと思います!

あ、、「AdrenaLinn III」を使いこなすなら、
MIDIコントローラーは必須かも、、

もちろん、筐体にあるフットスイッチに、
エフェクトを割り当てることは可能ですので、
簡易マルチエフェクターとしても使うこともできます

ただ、本領発揮させるなら、
MIDIコントローラーは導入したいところです^^;

ちなみに僕の場合、
MIDIコントローラーを持ち運ぶのが面倒くさくて、、

簡易マルチエフェクターとして使っていました^^;

あと宅録でも使えます。

僕はもっぱら、家で遊ぶためか、
バンドリハでドラムがいない時に使っていました(笑)

まさに宝の持ち腐れです^^;

ちなみにアドレナリン1、2から、
この「AdrenaLinn III」にバージョンアップも可能です。

自分でもできるみたいですが、
メーカーも有償でバージョンアップしてくれるみたいです^^

とりあえず一台持っておくと、
曲作りの色々なアイデアに使えますし、とにかく遊べます(笑)

色々、エフェクターや周辺機器を買うなら、
この「AdrenaLinn III」で事足りるかもしれませんね^_^

「Roger Linn AdrenaLinn」を→ヤフオクで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました