「PMP BUF E945 SUPER BUFFER AMP」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

懐かしのエフェクターを紹介、
1980年代に登場した隠れたバッファーペダルの名機!
「PMP BUF E945 SUPER BUFFER AMP」です^^

PMP BUF E945 SUPER BUFFER AMP

この「BUF 945」ですが、
「PMP(Professional Music Products)」名義のものと、
「PMG(Professional Music Gear)」名義のものがあり、
「PMP」名義のものが前進のものとなります。

さて「BUF E945」ですが、
残念ながら既に廃盤となっていますが、
多くのプロも使っていたペダルだそうです。

ペダルレビュー

「BUF 945」は30年近く前に販売されたモデルでありながら、

  • ブースター
  • A/Bセレクター
  • ON/OFF可能なループ機能

非常に魅力的な機能を搭載した仕様となっています。

A/Bセレクターは、
2台のアンプを鳴らすこともできますし、
チューナーアウトとしても使えます。

なかなか便利ですね、この仕様♪

またブースターもなかなか優秀で、
パンチのあるブーストサウンドが可能です^^

電源は本体からでている、
ACケーブルのみで電池は使えません。

最近は当たり前になってきている、
トゥルーバイパスではありませんが、
このペダルを繋ぐことで得られるトーンが好きで、
愛用している方もいるみたいです。

※僕の記憶が正しければ、東京スカパラダイスオーケストラの加藤氏も使っていたはず^^

確かにトゥルーバイパスではなくても、
ギターサウンドの美味しい部分は殺さない、
高域の煌びやかさをプッシュしてくれる、
そんな印象のバッファーでした。

ぶっちゃけ、
いくらトゥルーバイパスにこだわっていたとしても、
複数台のエフェクターを繋げば、
トゥルーバイパスといえ劣化は避けれません、、

またトゥルーバイパスも方式によっても異なります。

ですから、音が変わるとはいえ、バッファーを繋ぎ、
最終的にアンプから出る音が良ければそれで良し!
僕はそう思っています(笑)

最近では優秀なバッファーが多く販売されています。

管理人が愛用しているものと比べても、
「EVA電子」や「Shur」のバッファーのほうが、
バッファーとしては優秀だと思います。

そう考えますと、
あえて「BUF E945」を選ぶ必要はないかもしれません。

ただ「音」「機能面」からしても、
「BUF E945」は今でも十分使えるペダルかと^^

難点としては「デカくて重い」、
またペダル自体が高さもありますので、
エフェクターボードに納まらない可能性があります^^;

その点さえクリアできる人にはおすすめしたいですね!

楽天市場で探す

Amazonで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました