「MythFX Triton Modulation」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

モジュレーション系マルチエフェクター、
「MythFX(ミスエフエックス) Triton Modulation」レビューです^^

MythFX Triton Modulation

「Triton Modulation」は、
USA製ハンドメイドエフェクターです。

パーツなども高品質、
随所にこだわりが見られるペダルですね♪

サウンドレビュー

「Triton Modulation」ですが、
ミニペダルサイズでありながら、

  • トレモロ
  • トレモロ&リバーブ
  • フェイザー
  • フェイザー&リバーブ
  • コーラス
  • フランジャー

これだけのサウンドがだせます^^

そしてなんと、、

「トレモロ」と「フェイザー」に関しては、
「リバーブ」もかけることができるんですよね^^;

「Tremolo/Reverb」

「Phaser/Reverb」

個人的には特に、
フェイザーはかなり好きな感じでしたね!

それと「コーラス」「フランジャー」。

「Chorus/Flanger」

コーラスとフランジャーに関しては、
モードが一つなので、ツマミの位置で音決めする感じです。

各モードの切り替え、調整のツマミですが、

MythFX Triton Modulationコントロール部分

かなり詰め込まれています(笑)

とにかくすごいのは、、

たくさんのサウンドがだせるだけでなく、
各々のサウンドクオリティが高いことです。

原音をそんなにロスしないのもあってか、
しっかりエフェクトがかかる感じがします。

これは「FETプリアンプとアナログ・バッファー」
を採用しているためかもしれませんね。

それと「Blend」ノブが実に複雑に作用します^^;

「トレモロ」「フェイザー」モードの場合、
「Blend」ノブを12時より右に回すと、
自動的にリバーヴ効果をエフェクト音にミックスし、
逆に「Blend」ノブを12時より右に回し、
「Rate」と「Depth」ノブをゼロにセットすると、
リバーヴのみを原音に加えることが可能。

って、ややこしいでしょ(苦笑)

でもこれは、ツマミを触ればわかると思います^^

一般的なマルチエフェクターに比べたら、
全然シンプルだと思います(笑)

それとエフェクトのかかり具合も、
派手にかけることができます。

エフェクトのかかり具合にも、
「Blend」のツマミはエフェクト音とドライ音の、
ミックス加減もコントロールできます。

それと「Volume」で、アウトプットレベルも
調整できるのも良いですね。

この「Volume」のおかげで、
モジュレーション系ペダルにありがちな、
「音が大きい」「音が小さい」といった場合でも、
原音と同音量に調整できます。

実に理にかなった仕様です^^

モジュレーション系をここまで網羅し、
これだけのクオリティを一台で出せるとなると、
単体なら「Strymon」のペダルもありますが、
複合系モジュレーションペダルだと、、

なかなか「ない」と思います^^;

僕の中では「Glass Nexus」ぐらいでしょうか^^

glass nexus

ただ「Glass Nexus」の場合、
「デカイ」「重い」ですからね(苦笑)

それに比べ「Triton Modulation」は、
このミニサイズはアドバンテージですよね^^

このサイズなら、
エフェクターボードの中でも場所は取りません。

エフェクトをあれこれと、
曲中に切り替えることがないのであれば、
十分使えますよね。

そういった意味でも実用性の高さは、
郡を抜いていると思います♪

楽天市場で探す

Amazonで探す

サウンドハウスで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました