「MXR Phese90」をヴィンテージから現行品、そしてレプリカまで弾き比べしてみた!

スポンサーリンク

フェイザーペダルを探している、
手に入れようと考えているのであれば、
「MXR Phase90」は弾いてほしいペダルの一つです。

この「Phase90」が発売されたのは、
今を遡ること1974年(ひょっとすると73年)から、
現在に至るまで作られ続けています。

…で、今回、
ヴィンテージから現行品、

phase90_all
機材協力:Thanks! @chickensoboro

各年代を代表する「Phase90」、
さらにレプリカモデルまで弾き比べてみました^^

スポンサーリンク

今回弾き比べした「Phase90」はコレ

  • 1974年製 Phase90 Script Logo BUD BOX
  • 1980年製 Phase90
  • 1987年製 Phase90(Jim Dunlop移行初年度)
  • 2000年代製 M101
  • csp026 74 Vintage Phase90

1974年製 Phase90 Script Logo BUD BOX

MXR Phase90 1974's Script Logo BUD BOX

いわゆる初年度の「Phase90」で、
ヴァン・ヘイレン氏の使用でも知られ、
「BUD BOX」と呼ばれている時期のものです。

1980年製 Phase90

MXR Phase90 1980's Block Logo

MXR社の「Phase90」で、
ブロックロゴ(バックパネルも)のものです。

1987年製 Phase90(ジムダンロップ移行初年度)

MXR(Jim Dunlop) Phase90 1987's

MXR社からジムダンロップ社に生産が移った、
初年度のもので、塗装の感じも変わり、
ミニジャック・LEDが搭載されています。

2000年代製 M101

MXR Phase90 M101

厳密にいうと、
現行モデルではありませんが、
よく中古でも目にすることの多い「Phase90」ですね。

…で、各年代の音の違いですが、
セッティング別に動画を撮ってみましたので、
まずは見てみてください^^

年代別、Phase90のサウンドを比較!

まずは「Speed」ノブを12時で弾いた時、

ゼロ(左回しいっぱい)で弾いた時、

そしてMAX(右回しいっぱい)で弾いた時、

こう弾き比べてみますと結構…
音は違いますよね^^

そして1974年製「Phase90」が、
かなりエフェクトの効きが弱いですね。

なので、「Speed」ノブを設定し直し、
弾いてみました。

csp026 74 Vintage Phase90

違う機会に現行のヴィンテージリイシュー、
「csp026 74 Vintage Phase90」も比較してみました。

1974年製と比べると、
音のザラツキや揺れの複雑さは劣るものの、
量産品でこのクオリティは驚きました。

ちなみにこの比較動画の際、
「csp026」は内部トリマーを調整し、
1974年に限りなく寄せてみた状態にしてみました。

つまり、サンプルがあれば、
なかなか良い仕事をしてくれるのでは?
とも感じました^^

音的にはMXRの特注ケースに変わる、
1975年以降のサウンドにも感じましたが、
初期スクリプト期のサウンドは感じてもらえるモデルかと。

MXR Phase90を年代別に弾いて感じたこと

…と、いかがでしょうか?

どれが良いとかではなくて、
どの音が好きか?これに尽きますけど、

「Phase90」なんてどれも一緒だろ?

なんてことがないことは、
知ってもらえるかな…と( ̄▽ ̄)

ちなみにこの5機種の中で、
僕が好みだったのは「87年製」のものでした。

例えば、歪ませてた時、

↑この歪みは同社の87年製、
「Distortion+」と併用して弾いてみましたが、
エフェクト音と歪みの絡まり方など、
バランス的に良かったなと^^

ただ…いってしまうとお終いなんですが、
特に古いものは個体差で音も違う可能性があるんですよね、、

なので今回紹介した、
動画の音が全てそのまま、
その年代の音であるとはいえない…
のですが傾向は感じてもらえるかと^^

弾き比べしたレプリカ・モディファイモデルはコレ!

  • JOYO Vintage Phaser
  • Valco Black Hole Phaser
  • Whirlwind Orange Box
  • Red Witch Moon Phaser
  • MXR Phase90 E.W.S Vibe Mod

です。

「JOYO Vintage Phaser」、
「Valco Black Hole Phaser」は、
現行品「M101」と1974年製「Phase90」
と弾き比べしてみました。

JOYO Vintage Phaser

Valco Black Hole Phaser

実はこの2機種、
中身は一緒とのことなのですが、
こうも音が違うのは不思議ですよね^^;

「Whirlwind Orange Box」は、
「Phase90」の開発者が関わった、
1974年製「Phase90」のレプリカペダルなので、
オリジナルと弾き比べしてみました^^

Whirlwind Orange Box

低域の出方や、
原音とエフェクト音の混じり方は
さすがに全く一緒とはいいませんが…

揺れ方の雰囲気などはレプリカとしては、
なかなかのクオリティではないでしょうか^^

それと下記2機種については、
ユニヴァイブ系サウンドも出せるペダルですが、

Red Witch Moon Phaser

↑初期型の「Moon Phaser」だそうです

機材協力:Thanks! @YusukeWatanab10

フェイザー×2モード、
ヴァイブ×2モード搭載で、
スピードと揺れの周波数帯域を調整できます。

MXR Phase90 E.W.S Vibe Mod

筐体サイドには、
「Intensity」でエフェクトのかかりを調整、
「Phaser」と「Vibe」の切り替えスイッチが付いています。

…で、74年製と78年製の「Phase90」との、
比較動画を撮ってみました。

こう比べてみると、
「Moon Phaser」はなかなかやりますよね^^

ただ…高域のまろやかさ、
ここがオリジナルのような感じはないので、
ちょっと惜しい気はしました。

あと「E.W.S Vibe Mod」に関しては、
ユニヴァイブ色が強くなってしまっていて…
「Phase90」か?!といった印象を受けましたね^^;

これはどちらかというと、
ユニヴァイブモードで使ったほうが面白そうでした^^

まとめ

同じモデルでも、
色々な音があって面白いですよね^^

特に昔から作られているモデルの場合、
その違いが顕著だと感じています。

例えば、同社のディストーション、
「Distortion+」も面白いですね。

左が87年製で右が81年製ですが音は違います^^

左が87年製で右が81年製ですが音は違います^^

…で、どれが良いのか?は結局、
人それぞれの好みだなと^^

ただ色々知った上で、
選ぶということが大切なこと、

「知らないよりは知っていたほうが良い」

僕はそう考えています^^

ただどちらかというと、
この手の検証はビルダーさんに
やってほしいですね^^

無駄になることはないはず( ´艸`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました