「Mid-Fi Electronics Overdrive」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Mid-Fi Electronics Overdrive

Mid-Fi Electronics Overdrive

「Mid-Fi Electronics」は、
自身もミュージシャンとして活躍している、
「Doug Tuttle」氏が設計とのこと。

見た目の雰囲気からも、
「Phantom FX」らしさを感じる、
独特のカッコよさがありましたね^^

サウンドレビュー

試奏はJC-120と自身のストラトで行いました。

コントロールは「ボリューム」「ゲイン」、
それとモード切り替え用のミニスイッチです。

非常にシンプルな構成ながら、
多彩な音が作れるオーバードライブペダルでした^^

右のモードについて

まずミニスイッチを右にしたモードで弾いてみました。

はじめに思ったのが…
アウトプットレベルが高いということ(笑)

二目盛りぐらい上げただけで、結構な音量になりました^^;

そしてゲインを上げていくと…
古いコンボアンプをドライブさせた時のような、古めかしい音。

LAZY J CRUISER」を思い起こしましたが、

LAZY J CRUISER

LAZY J CRUISER

もっと中域がしっかりしていて、
音も粗め…そして良い意味で音が散る感じもしました。 

一聴すると扱いにくさを感じますが、
ハマると…病みつきになりそうな音でしたね^^;

それと「スーパータッチセンシティブなペダル」
…とメーカー説明にありますが、確かにそんな感じです。

反応性はかなり高いです。

ピッキング、ボリュームにもリニアに反応する、
アンプライクなペダルですね^^

これは製作者の「Doug Tuttle」氏が、

「自身の真空管アンプが持ち出せない時でも自分の音をだすため」

に制作したペダルということも頷けるような気がします^^

左のモードについて

こっちのモードは超個性的です(笑)

基本的には音量が下がり、
コンプレッション感が強くなります。

そして「ゲイン」をフルアップした時…
コンプ感がかなり効いた状態で歪みます^^;
こんな感じです^^

アタック音が頭打ちするような感じではない、
でも圧縮感を感じる不思議な音…

僕はこの感じの歪みは体験したことがありません^^;

ちなみに単音カッティングをプレイしたら、
すごく気持ちがよかったです^^

総評

見た目だけでなく、
音もアーティスティックな面白いペダルです^^

個人的にはコレクションに加えたいペダルですね♪

それとこの「Mid-Fi Electronics」、
筐体デザイン、カラーがちょこちょこ変わるみたいですね。

ですので、気に入ったデザインの時に、
買っておいたほうが良いと思いますね^^

楽天市場で探す

Amazonで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました