「Maxon AD-900」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

Maxonは数々の名機を
うみだしているブランドですが、
アナログディレイも名機が多いですよね^^

その中の1つ、今は生産終了している、
「AD-900」のレビューをお届けします(^^)

Maxon AD-900

サウンドレビュー

この 「AD-900」は昨今のディレイのように、
タップテンポ機能などありません。

ディレイタイムとリピート、
そしてディレイレベルといった、
いたってシンプルなアナログディレイペダルです。

ディレイって人によって、
色々な使われ方があると思うんです。

僕の場合、

タップテンポとかあまり気にしなくても使えるディレイ

踏みっぱなしでも使えちゃうといった感じの、
ディレイがディレイ選びのポイントだったりします。

その点 「AD-900」は、
まさに踏みっぱなしでも気持ち良い、
好みのディレイサウンドがだせます^^

ディレイのリピート音が立ちすぎず、
アンサンブルに馴染みやすい。

まさにアナログディレイの
素晴らしさを感じることができるペダルです^^

ディレイタイムは「600ms」、
BBD素子を使用しているアナログディレイとしては、
なかなかの高スペックディレイです。

「AD-900」は松下製BBD素子を使用していましたが、
この松下製のBBD素子が生産終了となったことで、
生産終了、、これから貴重になるでしょう。

ですので、手に入るうちに、
手に入れておいたほうが良いペダルの1つだと思います^^;

あと電源は電池は使えず、
基本的にはマクソン専用アダプターでの駆動です。

アダプターはDC12Vのセンタープラス。

Maxon側も言っていますが、
他の電源は避けたほうがよいそうですね、、

生産時期によって音が違う?

ちなみに巷では、
「前期型」「後期型」による違いをよく目にします。

違いとしては使用している、
BBD素子の型番・数が違います。

知られるところでいうと、
前期型は「MN3005×2」、後期型「MN3008×4」
が用いられているそうです。

気になる音の違いは、
しっかり検証していないのですが、
何台か異なる時期に何台か弾きましたが、
どれも良い印象だったのは確かです。

まとめ

僕の周りにも、
「AD-900」を愛用している人もいます。

そして心地の良い、
アナログディレイサウンドを奏でています♪

最近のマルチエフェクターに搭載されている、
アナログディレイサウンドが好き!という人には、
この「AD-900」、ぜひ試してほしいと思います(^^)

楽天市場で探す

Amazonで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました