「Mad Professor Sweet Honey Overdrive Deluxe」 エフェクターレビュー

スポンサーリンク

「Mad Professor Sweet Honey Overdrive Deluxe」
エフェクターレビューです^^

Mad Professor Sweet Honey Overdrive Deluxe

Mad Professor Sweet Honey Overdrive Deluxe

非常に人気のあった、
「Mad Professor Sweet Honey Overdrive」
(SHOD)のバージョンアップ版です。

こちらはハンドワイヤードではなく、PCBバージョン。

個人的には「今さら?」という感覚、
従来のSHODのゲインアップバージョン、
と思っていましたが期待を裏切られました(笑)

ペダルレビュー

今回の「Deluxe」では従来のコントロール、
「VOLUME」「DRIVE」「FOCUS」に加え、
「BASS」「TREBLE」が搭載。

ただ「FOCUS」ですが、
今回の「Deluxe」のほうが、
効果はわかりやすい気がしました。

この「FOCUS」、ざっくり言えば、
歪み方も変わりますが、左回しでルーズに、
右回しでタイトになる効きをします。

そして「BASS」「TREBLE」は、
基本12時の位置を基本に音作りすればOK。
(「FOCUS」は基本11時だそう)

あとはイメージ通りに効いてくれるので、
「FOCUS」と合わせれば、ギターを問わず、
色々な環境でも使えそうですね。

実際、僕もストラト、
レスポールで弾きましたが、
どちらでも使える印象がありました^^

サウンドレビュー

ゲインアップは図られていますが、
ストラトであれば、よく歪むオーバードライブといった感じ。

ただ、歪ませていくと太さも伴っていくので、
僕はリードプレイにも十分使える印象がありました。

そして何より「SHOD」よりも、
歪みの質感が結構違うように感じまして、

雑みとやや暴れた感じに歪むな…と。

マッドプロフェッサーらしい、
やや暗めで中域に厚みと飽和感はあるのですが、
ピッキング時の喰いつきは心地よいものがありました。

これは手持ちの「LGW」と比較しても、

Mad Professor Little Green Wonder

Mad Professor Little Green Wonder

弾いていて気持ち良かったです^^

あと当然といえば当然かもですが、
ギターボリュームにもリニアに反応しますので、
一台で歪み~クリーンとコントロール可能ですね。

ピッキングニュアンスに関しては、
「SHOD」に軍配が上がると感じましたが、
歪みやすくなった分仕方がない、許容範囲でした^^

ブースターよりも単体の歪みペダルとして使いたい

ブースターとしてよりも、
単体の歪みエフェクターとして、
使用することが前提なのかな?とも感じました。

なぜなら、歪み量は増加しているものの、
アウトプットレベルが低くなっていると感じたからです。

また「SHOD」と同じ感覚でブースターとして使うと、
サウンドキャラクターの違いも相まって、
印象は違うんじゃないかなと^^;

まとめ

いっそのこと、「SHOD」を冠さず、
全く新しい名前で発売してもよかったんじゃないかな?

そう思わされたぐらい、
良い意味で期待を裏切ってくれました^^

飽和感の中にも、
カラっとしたバイト感があるので、
今までマッドプロフェッサーの歪みが
苦手の人にも弾いてもらいたい一台ですね。

ちなみに僕は従来のSHODよりも、
断然この「Deluxe」が好きでしたね^^

それと普段使っている、
Sick As」に比べると中域の太さ、
飽和感が強めのキャラクターだったので、
持っていても面白いなと。

久々に歪みもので、
「買おうかな…」と悩んだ一台、
このレビューを書いている時も沸々と物欲が沸いてきています(笑)

楽天市場で探す

Amazonで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました