「Mad Professor Little Green Wonder」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク


「Mad Professor Little Green Wonder」
エフェクターレビューです!

Mad Professor Little Green Wonder

このペダルは一時期メインで使っていました^^

TS系とはいわれていますが、圧倒的に低域が出ますし、
コンプレッション感が少ないので、
ちょっとTS系とは別ものな気がします。

このペダルの最大の特徴は「BODY」のツマミでしょう。
このツマミの調整で音のキャラクターを変えれます。

左に回しきると、一番ローが強調されたサウンド、
真ん中あたりで一番中域が強調されたサウンド、
右に回しきると高域が強調されます。

ただし中域は削られませんので、
ギターサウンドにとって、美味しいポイントが
消えない点は優秀だと思います。

ただ反面、どこか・・・
フィルターがかかったような感じがするので、
そのあたりは好き嫌いが分かれるところではないでしょうか。

あとマーシャル系のニュアンスも感じますが、
LEDクリッピングに緑色LEDを使用しているなど、
面白いペダルです。

それとアンプライクなペダルでもあり、
ピッキングニュアンス、ギターボリュームへの
反応も良いのでプリアンプ的にも使用出来ます。

ギターボリュームを絞った時のクリーントーンは、
カラッとしたサウンドではなく、どこか・・・
ウェッティーでダークです。

それはこのブランドの、
サウンドカラーでもあるといえるんでしょうね^^

あとノイズは少ないですね。
なかなかのものです。

アウトプットボリュームのレベルは高いので、
ブースターとしても使用は出来ますし、この時も、
「BODY」のツマミが効果的に働きます。

個人的には右に回しきった時、
トレブルブースター的な使用が一番好きです♪

それはアンサンブルの中でも、
「太く抜ける」サウンドであるからです。

この感覚は是非試して欲しいですね!

もし一台だけもっていくとしたら、
どんなペダルをもっていく?と聞かれたら、
このLittle Green Wonderは間違いなく、
候補に挙げると思います。

それと廉価版のものとの違いを聞かれることもありますが、

違いは大音量で鳴らした時に現れると感じました。
基本的な音の傾向は似ています。

ですので管理人的には、
廉価版(PCB版)でも良いとは思っています。

そこは弾き比べて納得のいくほうを選べば良いでしょう。

とにかく、野太いサウンドが欲しい方には、
おすすめしたいペダルですね!

楽天市場で探す

AMAZONで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました