「Lovepedal AMP ELEVEN GREEN」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

現行品で発売されている「GREEN」ですが、
手持ちの「BONE」と比較してきましたので、

Amp Eleven 「GREEN」&「BONE」

Amp Eleven 「GREEN」&「BONE」

「Lovepedal AMP ELEVEN GREEN」の、
エフェクターレビューを兼ねて紹介します。

スポンサーリンク

「Lovepedal AMP ELEVEN GREEN」とは?

僕が聞いた情報ではこの「GREEN」は、

Lovepedal Amp Elevenの画像

Lovepedal Amp Eleven

この初期「AMP Eleven」の復刻版と聞いていました。

塗装はメタリックっぽいグリーンカラー、
コントロールは従来のアンプイレブンと変わりません。

ブースターチャンネルは独立して使用可能と、
仕様自体は「Gold」「BONE」を踏襲していますね。

「Amp Eleven」の「GREEN」と「BONE」を比較!違って?

歪みの質感自体はよく似ていますが、
実際並べて弾いてみると明らかに出音のレンジ感が違いました。

それは「BONE」に比べると、

Lovepedal Amp Eleven Bone

Lovepedal Amp Eleven Bone

「GREEN」はローとハイにピークがあったことでした。

ですので、アンプやギターなどがもともと、
ミッドレンジがよく出るギターやアンプなどなら、
「GREEN」のほうが相性がよいかもしれません。

ちなみに「BONE」は、
初期のアンプイレブンに見られた、
良い塩梅のミッドレンジに、
枯れたニュアンスが付加された、
アンプライクでヴィンテージアンプ系でした。

それに比べると「GREEN」は、
どこかモダンさを感じる出音に感じました。

どちらかというと…
初期アンプイレブンのニュアンスは、
「BONE」に引き継がれている印象でした。

ですので、当初聞いていた、
初期アンプイレブンの復刻版というのは…
個人的には違うんじゃないかな?という気がしましたね^^;

ただ誤解を生まないように言っておきますが、
あくまで並べて弾いて感じたレベル。

あとあまりないとは思いますが、
個体差も全く無いとは言えないですよね、、

アンプイレブンのサウンドは、
一貫していることは確かでしたね^^

ブースターチャンネルを比較

「GREEN」と「BONE」の、
ブースターチャンネルについてですが、
単体で使用可能、いわゆる「COT50」系のサウンドです。

そして…ドライブチャンネルほどの違いはないかなと。

全く同じではないものの、
言及できるほどの大きな違いは感じませんでした^^;

ただし、両チャンネルをONにした状態だと、
ドライブチャンネルの特性がより全面に出てきますね。

音はある程度近づけることはできるが…

EQの「TONE」「BASS」を調整すれば、
ミッドレンジの出方は難しいですが、
「GREEN」を「BONE」に近づけることは可能です。

…で、どちらが良いのか?と言われると、
あくまでも好み次第だと思います。

ちなみに僕は「BONE」が好みでした。

ただこれも弾き比べしてでわかったことで、
もし単体で弾いていたら…わからなかったかもしれません^^;

要するに…アンプイレブンはアンプイレブンサウンドであるなと(笑)

やっぱりクオリティの高い、
アンプライク系オーバードライブ、
…であることは再認識できたひと時でした^^

Lovepedal AMP ELEVEN GREEN

Lovepedal AMP ELEVEN GREEN
価格:36,288円(税込、送料込)


コメント

タイトルとURLをコピーしました