「Lovepedal Amp Eleven Bone」 エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Lovepedal Amp Eleven Bone

Lovepedal Amp Eleven Bone

「Gold」に引き続き、
バージョン違いの「Amp Eleven」です。

もともとこの「Amp Eleven Bone」、
某海外ショップの限定モデルだったはずで、
今回、どういった経緯かわかりませんが…
国内に入荷されてきました(笑)

ペダルレビュー

仕様は「Gold」同様、

Lovepedal Amp Eleven Gold

Lovepedal Amp Eleven Gold

ブースターチャンネル、
オーバードライブチャンネル、
共に単体使用可能です。

各コントロールは、
ブースターチャンネルはボリュームだけ、
MAXにすることでクランチ程度の歪みが得られます。

オーバードライブチャンネルは従来通り、
「Drive(歪み)」「Volume(音量)」、
EQに「Tone(高域調整)」「Bass(低域調整)」ですね^^

ブースターチャンネルについて

まずブースターチャンネルですが、
基本的に「Gold」と変わらないとのこと。

並べて弾いていないのでわかりませんが、
少なくとも…「Gold」と同様に単体で使いたくなる音でした^^

歪み自体はアンプが「JC−120」、
ストラトならクリーン〜クランチ程度です。

手持ちの「COT50」と比べましたが、

Amp Eleve & COT%0

Amp Eleve & COT50 ML

音量はやや抑えられているものの、
同様に高域のバイト感・独特のハリ感は、
安易な表現ですが「枯れた」ニュアンスを堪能できました。

アンプは「JC-120」でも、
気持ちの良いクランチトーンを作れましたよ^^

オーバードライブチャンネルについて

今回の「Amp Eleven Bone」において、
最大の特徴はこのオーバードライブチャンネルかなと。

「Gold」よりも生々しい、
原音を変にスポイルしないドライブサウンドが得られます。

歪み量も少なくなり、
歪みもヴィンテージアンプっぽい感じで、
ブースターチャンネル同様に「枯れた」ニュアンスが感じられます。

あとは歪み成分、
コンプ感をサラッと纏う感じは…かなり絶妙です。

個人的には「Rodeo Drive」と同様、
弾いていてかなり気持ち良く弾けました(笑)

もちろんピッキング、
ギターボリュームに対してもかなり敏感で、
艶やかな真空管アンプを彷彿させるクリーンサウンドが得られます。

この辺りはラブペダルの強みといいますか、
魅力的な部分といえますね。

それとEQである、
「ベース」「トーン」は、
今までのモデル同様よく効きます。

両EQともに上げていくと、
音圧、エッジ感が足されていきます。

特にベースを上げると、
飽和感+太さが加わりまして、
モダンなドライブサウンドに寄っていきます。

僕は基本、12時の位置でも特に不満はなかったです^^

12時の位置をスタートに、
セッティングできるといったわかりやすさも、
よくチューニングされたペダルだなぁ~と感心しました^^

ちなみにJC-120など、
ソリッドステートのアンプに繋いでも、
チューブライクな歪みが得られますので、
プリアンプ的に使うことも可能です^^

両チャンネルMIX時のサウンドについて

オーバードライブチャンネル、
ブースターチャンネル同時使用では、
十分な歪み量のドライブサウンドが得られます。

出音もすごく気持ちよくて、僕の中では、
過去の「Amp Eleven」のモデル中、一番好きな感じかも。

…というのも、
余分にローやミッドが足されず、
良い塩梅に飽和感と太さを伴ってゲインアップされたからです^^

ディストーションではないですが、
オーバードライブとしては、十分歪む印象をもってもらえると思います。

まとめ

オーバードライブペダル、
アンプライク系ペダルとしてもかなりの実力を秘めていますし、

あと原音重視派のプレイヤーにもおすすめ、
なかなかこういうペダルは他にないんですよね^^;

何と言っても…見た目がカッコいいっす(笑)
欲しくなりましたもん(苦笑)

残念なのは今回の入荷から…
売価が上がってしまったことですよね^^;

ただそれでも…この音、
ペダル2台と考えると許せます(笑)

余談ですが今回のモデルも
限定バージョンとのことです、、

「Gold」も終了とのことでしたし、
欲しい人は今のうちに手に入れておいた方がいいです!


コメント

タイトルとURLをコピーしました