「LINE6 M9」の使い方を徹底解説!便利機能も紹介します!

スポンサーリンク

「LINE6 M9 Stompbox Modeler」
ストンプタイプマルチエフェクター、
エフェクターレビューをおおくりいたします^^

line6 m9

スポンサーリンク

ペダルレビュー

「Line6 M9」は同メーカーの、
「DM4」「DL4」「FM4」「MM4」「Verbzilla」
を一台にまとめたマルチエフェクターです。

さらにチューナー、ルーパーも搭載していると、
至れり尽くせりなペダルですね。

ただし、一台にまとめたとはいえ、
「M9」では各エフェクトの音質は変わっており、

全体的にクリアなサウンドに仕上がっている

といった印象で、
全体的にハイファイ寄りなサウンドに感じます。

この点は「DL4」などの、
「あの音が良かった」人にはちょっと…違和感を感じるかも、、

実は僕も…そんな音の違いから、
今までは「M9」を敬遠してきた一人でした^^;

しかし先日、友人の所有する、
「M5」をスタジオで鳴らした時にそんな印象が一変!

「おっ!結構使える音かも!」と思わされ、
再び「Line6 M9」に興味が沸いたわけです。

サウンドレビュー

実際に使ってみると全般的に使えるサウンドです。

そして意外だったのが、
歪み系のエフェクトも結構使えるな、と。

中でも僕は「Tube Drive」「Octave Fuzz」
「Sub Octave Fuzz」が好きな感じでしたね^^

特に「Tube Drive」は、
ボリュームにもリニアに反応しますので、
手元でクリーンにもなります。

あと「Sub Octave Fuzz」は↓

こちらが元ネタですが、
「M9」の場合、普通のファズとしても使えます♪

ですので「M9」だけでスタジオ入りする時、
歪みは「Tube Drive」と「Sub Octave Fuzz」を使っています^^

あと「OverDrive」で、
メインの歪みを後段でブーストさせてもよかったですね^^

エフェクターの醍醐味!飛び道具系サウンドがたまらない

やっぱり一番の魅力は、
「FM4」系のエフェクト群ですよね!

「シンセ系」「ランダムアルペジエーター」は
個人的にも大好きです^^

ただ、音は「FM4」のほうが「生々しさ」
「太さ」などは勝っていると感じます…

でも「DL4」はもちろん、
「MM4」なども1台でカバーしているのは魅力的ですよね^^

要するに、

サウンドクオリティーより、
サウンドバリエーションと実用性の高さ

これが「M9」を選ぶポイントじゃないかな?
と僕は思います(^^)

それとこの「M9」、
ベースにも使うことができますね♪

友人のベーシストも使っていますが、
なんら問題なく使っています^^

使い方がカンタン!操作性は抜群

このLine6 M9、使い方・操作性は、
マルチエフェクターの中でも簡単な部類に入るかと。

特に「モメンタリーシーンモード(※)」なら、
マニュアルがなくてもほぼ操作可能、使えちゃいます♪

※「モメンタリーシーンモード」は、
筐体のスイッチのうち「タップ」スイッチ以外、
6つのフットスイッチにエフェクトを振り分け、
コンパクトエフェクターのように踏み分けることができるモードです。

同時に使用できるエフェクトは3つまで。

Line6 M9

上画像の赤枠の部分、
フットスイッチに割り当てられたエフェクトを3つ、
同時に使用することができます。

青枠は「エフェクトユニット」で、
この「エフェクトユニット」は3つ用意されており、
片方をONにすると、もう片方はOFFになります。

同時に使用できない部分ですね、、

ただ1アクションで、
エフェクトの切り替えができますので、
使い方次第(異なる歪みを切り替え等)では便利かも。

それと初歩的な部分ですが、
使いたいエフェクトとフットスイッチの割り当ては
考えたほうが良い
です!

デフォルトだと画像の赤矢印に沿った方向順、

「FX1UNIT」→「FX2UNIT」→「FX3UNIT」

といった、左からエフェクトが並びます。

例えば左から、
フットスイッチへのエフェクトの割り当てを、
「ディレイ」「ディレイ」「ディストーション」とした場合。

エフェクトの並び順としては、
「ディストーション」の前に「ディレイ×2」が配置されます。

僕はディレイを結構使うので、
踏みやすい左端に「ディレイ」を割り当てたいと思っていました。

いわゆるエフェクトの並び順は、
「ディストーション」→「ディレイ」としたいわけで、、

でもこういった場合でも、
エフェクトの並び順は本体のセットアップモードで、
「FX3UNIT」→「FX2UNIT」→「FX1UNIT」と、
並び順を変える事は可能(ルーティング設定)です^^

あと「ラッチシーンモード」というものがあります。

この「ラッチシーンモード」なら、
複数のエフェクトを設定し「シーン(※)」に保存、
それを各フットスイッチに割り当てて、呼び出せるモードです。

※「シーン」とはいわば、「パッチ」みたいなものです。

ただ、この「ラッチシーンモード」、
ちょっと設定が面倒かも、、

僕は「ZOOM G3」や「MS-50G」のほうが使いやすかったです^^;

「ZOOM G3」と比較

同様のマルチエフェクターといえば、
コストパフォーマンスの高さが魅力の、
「ZOOM G3」が挙げられます。

「G3」の場合、1つのチャンネルで、
最大エフェクトを6つまで同時使用可能ですし、
ディスプレイで表示されるので、設定もしやすいです^^
エフェクトの同時使用に関しても、

  • 「M9」はエフェクトの同時使用3個×6パターン
  • 「G3」はエフェクトの同時使用6個×10パターン

この点では「G3」のほうが、
優位性があるといえるでしょう。

またサウンドクオリティもなかなかのもので、
「M9は高いなぁ、、」という場合であれば、「G3」だと思います^^

ただ、パターンの切り替えに関しては、
「M9」の場合、フットスイッチでバンクアップや
バンクダウンといったアクションが不要のため、
パターンの呼び出しはしやすいです。

ですので、ライブで使うなら、
「M9」のほうが操作はしやすいかもしれません^^

あと、エフェクトサウンドに関しても、
詳細な設定ができますし、フィルター系、
モジュレーション系に関しては、「M9」のほうが多彩です。

バイパス音について

バイパス音に関しては、
「TRUE BYP」と「DSP BYP」が選べます。

M9 DSP BYP

「TRUE BYP」は全てのエフェクトOFFなら、
トゥルーバイパス状態になります、
ディレイなどをOFFにした時に残響音は残りません。

残響音を残したければ、
「DSP BYP」を選べばOKですが、
そこまで嫌な音やせを感じることはありません。

おそらく「DSP BYP」でも、
「DL4」などに比べたら良くなっている気がします。

僕の場合は最近、
「MS-50G」を繋いでいたので、
そこまで気になりませんでした^^

エフェクトの視認性について

「M9」ですが、視認性も高さも抜群です!

Line6 M9

  • 緑色・・・ディレイ系(DL4)
  • 青色・・・モジュレーション系(MM4)
  • 紫色・・・フィルター系(FM4)
  • 黄色・・・ディストーション系(DM4)
  • 橙色・・・リバーブ系(Verbzilla)

暗闇でもフットスイッチの位置、
また、LEDの色で割り当てられたエフェクトがわかります♪

Line6 M9 LED

そしてエフェクトをONにすると、
画像左下の緑LEDと右上の紫LEDのように、LEDの明るさが強くなります。

ちなみ設定を変えれば、
一般的なエフェクターのように、
エフェクトをONにしている部分だけLEDを点灯させることもできます。

お好みで変更してください(笑)

「GATE」機能がなかなか使える!

個人的に「良いな」と思ったのが、
エフェクトモデルと別に「ノイズゲート」が使える点です。

Line9 M9 設定画面

これは「グローバルノイズゲート」
と呼ばれるもので、全てのエフェクトに対し、
ノイズゲートが作動するといったものです。

このノイズゲート、極端に設定しなければ、
割とナチュラルなニュアンスを残したまま、ノイズを除去できます。

特に出音に影響しないようであれば、
利用したほうが良いと思います^^

※デフォルトでは「OFF」なので、
使用する場合は、本体のセットアップモードで
「ON」にする必要があります。

ルーパーモードについて

ルーパーモードは相変わらず使いやすいですね♪

使ってみるとわかりますが…

ルーパーの出力レベルは、
セットアップモードで少し下げておいたほうがよいかも^^;

それとエフェクトも自在にかけることができます^^

まとめ

「M9」は昨今のマルチエフェクターのように、
アンプモデリングは入っていません。

コンパクトエフェクターを、
拡張させたような認識で使えます^^

僕もそうですが、
空間系・残響系・飛び道具系をまとめて使いたいな、
そういった人にはこの「M9」は良いかも。

また、音が気に入らない場合でも、
その場でセッティングも簡単に変えれるので、
ライブなどでも臨機応変に対応できると思いますよ♪

ちなみに僕のエフェクターボード、
「Pedaltratin mini」でもこんな感じで何とか納まりました^^;

Line6 M9&My Effector Bord

発売して数年が経ちますが、
「M9」の利便性を超えるものは、なかなか「ない」ように思います。

当面はこの「M9」にお世話になりそうです^^

サウンドハウスで探す

楽天市場で探す

Amazonで探す

それから「電源について」ですが、
専用アダプターが重いのが難点ですよね^^;

電源に関しては現在検証中ですので、
また後日結果を報告したいと思います!

ちなみにM9の電源に関する記事もアップしました!こちらからどうぞ♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました