「Jim Dunlop CBM95 Cry Baby Mini Wah」ペダルレビュー!

スポンサーリンク

「Jim Dunlop CBM95 Cry Baby Mini Wah」
(クライベイビー ミニ)ペダルレビューです^^

Jim Dunlop CBM95 Cry Baby Mini Wah

Jim Dunlop CBM95 Cry Baby Mini Wah

話題の「Cry Baby Mini」を弾いてきました^^

最近だと「HOTONE Soul Press」も話題でしたが、

HOTONE Soul Press

HOTONE Soul Press

コンパクトエフェクターサイズのワウをついに…
「Jim Dunlop」が出してきたなと。

2015NAMMショーで発表されて以来、
個人的にもかなり興味深々なワウペダルでした。

ペダルレビュー

今回試奏にあたり、
「GCB95」「Clyde McCoy」と弾き比べましたが、

crybaby

左から「Mini」「GCB95」「Clyde McCoy」です

大きさは約半分程度、
確かに小さく軽量なワウペダルです(笑)

でも筐体は大きさに反し安定感があるので、
(筐体裏はフラットなゴム素材を用いる等)
踏みにくいということは不思議とありませんでした。

ちなみ僕は「Soul Press」よりも、
踏みやすいと感じました(笑)

それとペダルの踏みしろですが、
かなり深く、カカト側にかなり余裕があります。

…可動域をフルに使うと足がつりそうでした(笑)

しかしその分、かなりレンジは広いので、
従来のCrybabyとは操作感含め、出音にも違いは感じました。

あとワウタイプがのモードが、
「GCB95」「Vintage」「LO」の
3種類選べるそうですが試奏だったので、
タイプ別の音までは確認できませんでした^^;

ですので、以下サウンドレビューに関しては、
あくまで…ポテンシャルの一部分と思っていただけたらと思います^^;

サウンドレビュー

デフォルトセッティングで弾いた印象では、
「GCB95」と結構…音は違うなと^^;

一応、「GCB95」のダウンサイズ版とも聞いていましたが、

全体的に元気のある音といいますが、
音量が上がり、結構パワフルなサウンドに感じました。

デフォルトのモードが3種類のモードのうち、
どのモードかはわかりませんが僕の記憶からすると、
「GCB95F」に近いように感じましたね。

それとこの感じは…
「Hotone Soul Press」にも近いようにも感じました。

わりとモダンなサウンドで、
ヴィンテージ系ワウといった感じはしませんでしたね^^;

この点は「Clyde McCoy」に軍配があがりました。

他「Cry Baby」機種と比較してみた印象

  • ・Cry Baby Mini
  • ・GCB95
  • ・Clyde McCoy

を弾き比べたわけですが、
これは一言でいえば三者三様…
思っていた以上に音の違いが感じられました。

まずペダルを目一杯踏み込んだ時の、
ピーキーさでいうと、

GCB95>Cry Baby Mini>Clyde McCoy

肉声感のあるヴィンテージ系ワウサウンドでいうと、

Clyde McCoy>Crybaby Mini≧GCB95

歪みと絡めた時のアグレッシブさだと、

Cry Baby Mini>GCB95>Clyde McCoy

と言った感じでしょうか。

正直、今回弾き比べて再確認したのが、
GCB95が思いの他使えるワウペダルだということでした。

踏み方次第でカッティング、
更にソロプレイまで幅広く使えるペダルなんだなと。

個人的にはGCB95で十分かなと思いました(笑)

あとついでにいっておくと「Clyde McCoy」は、

友人所有のヴィンテージ、
TDKインダクター期のCrybabyのニュアンスに近かった印象がありましたね。

まとめ

ザックリ、レビューするとこんな感じでした(笑)

ただ何度もいいますがこの「Mini」の場合、
3モードあるため、ポテンシャルは測りきれていないと思います^^;

おそらくですが、モードを切り替えれば、
今回レビューした印象と全然変わるような気もしています^^;

また機会があれば、
ちゃんとモード別に弾き比べしたいと思います!


コメント

タイトルとURLをコピーしました