「JHS Pedals Moonshine Overdrive」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

歪みエフェクターらしさを追求した、
「JHS Pedals Moonshine Overdrive」です^^

JHS Pedals Moonshine Overdrive

JHS Pedals Moonshine Overdrive

「JHS Pedals Moonshine Overdrive」、
ベースはTS系で昇圧しているとのことです。

Moonshine Overdrive 基盤画像

ただ単にTSの昇圧しているというペダルではない、
というのがこの「Moonshine Overdrive」でした^^

スポンサーリンク

サウンドレビュー

独自のチューニングをしているとのことですが、
実際弾いてみますと・・・

TS系っぽくない感じの音だな、と。

試奏はストラトにJC-120で行いました。

で、まず感じたのが、
中域の出方なんかはTS系らしさを感じず、
比較的ワイドレンジな音であるな、と。

歪みの質感は、
コンプレッション感は強めですが、
内部で18V昇圧しているためか、コシもあり、
バイト感もあり、芯からしっかり歪んでくれる、
そんな印象に感じたペダルでした。

う~ん、適度なザラツキ感もありますし、
単純に弾いていて気持ちいいサウンドでした^^

コントロールのツマミは、
「VOL」「TONE」「DRIVE」、
そして「Proofスイッチ」です。

Moonshine control

「VOL」「TONE」「DRIVE」は、
その名のとおりの効きをしてくれます。

「DRIVE」の効きはワイドレンジですが、
フルにしてもハイゲイン、ディストーション、
といった感じにはなりません。

「TONE」は良く効きますが、
「TS系」よりも使えるポイントが広くなっています。

「LEVEL」も上下のモードによって異なりますが、
基本、アウトプットレベルは高めですね。

そして「Proofスイッチ」、
効き方は以下のような効きとなります。

「Proofスイッチ」について

上のポジションだと、

”よりオープンで力強い
クランチサウンドが得られます。
この音にはどんなアンプも、
まさに音を上げることでしょう。”

下のポジションだと、

”ハイゲインセッティングになります。
強力なサチュレーションとロングサステイン、
そして強く粘るミッドレンジを実現。”

とのことですが、正にそんな感じで、
どちらのモードも使えます♪

ちなみに上のポジションだと、
グッと音量も上がりますのでブースターとしても使えます♪

あ、あと電池は内蔵できません。
DCジャックから9Vアダプターの使用が推奨されています。

もしくは…
バッテリースナップなどを利用するですね^^;

Moonshine DCジャック

個人的にジャック部が筐体上部にあるのは嬉しかったですね^^

ギターボリュームへの追従性について

メーカー説明にもありますが、
透明感のない=トランスペアレント系ではない、
歪みエフェクターであるペダルとのこと。

さすがにトランスペアレント系ペダルには
敵いませんが、コンプレッション感が強いのに、
ギターボリュームでのゲインコントロールが効くんですね。

これだけコンプ感を伴う音でありながら、
クリーンになるのは…驚きでした^^;

動画冒頭でも、ギターボリュームで
ゲインをコントロールをしていますが、
スムーズにゲインレンジが移行していますよね。

そもそも僕自身、レビューの中で
トランスペアレント系といった表現は使いませんが、

”ギターボリュームでのゲインコントロールもでき、
ボリュームを絞った時のクリーンも魅力的、
プリアンプ的にも使える”

そういったペダルは、
トランスペアレント系ペダルに多いように思えます。

…となると、
「Moonshine Overdrive」は
僕の好みではないものなんですが違いましたね。

僕が弾いた感覚としては、
十分プリアンプ的にも使えないことはありませんでした^^

ブースターとして使っても良い!

単体でも使えるペダルですが、
個人的に良い!と思った使い方だったのが、
「ゲインブースター」として使用した時ですね。

これも「Moonshine Overdrive」を
使ってみたいな、と思った理由の一つです。

手持ちのペダル、
試奏時には「OCD」をブーストさせてみましたが、
これがなかなか良い感じでして(^^)

ベタな表現になってしまいますが、
容易に太く、ゲインを稼ぐことができました♪

最近弾いた中では、
Free The Tone GB-1V」と肩を並べるぐらい、
好印象のブースト感でした。

また、ノイズが少ないペダルでもあるので、
ブーストさせた時にも嫌な感じが少なかったのも好印象でしたね^^

ベース用の歪みでも使えそう!

あとベース用の、
歪みエフェクターとしても活用できそうですね!

僕はベースでは試していませんが、
この動画を見る感じだといい感じに活躍してくれそうですね^^

まとめ

昨今ではなかなかない系統の、
歪みエフェクターなのではないでしょうか。

僕自身も最近、
メインの歪みエフェクター探しで、
色々なエフェクターを弾いてみましたが、
この感じはなかったな…そんなタイプのペダルでした。

「JHS Pedals」といえば、
個人的には「Super Bolt」も好きですが、
この「Moonshine Overdrive」、
他になかなかないタイプなのでオススメです!

楽天市場で探す

Amazonで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました