「J.ROCKETT AUDIO DESIGNS .45 Caliber」 エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

「J.ROCKETT AUDIO DESIGNS .45 Caliber」
エフェクターレビューです^^

J.ROCKETT AUDIO DESIGNS .45 Caliber

J.ROCKETT AUDIO DESIGNS .45 Caliber

「J.ROCKETT AUDIO DESIGNS」は、
あの「Rockett Pedals」の傘下ブランド、
「ARCHER」で知られるメーカーですね。

この「.45 Caliber」、
NAMM 2016で発表されたツアーシリーズの一つで、

「Marshall JTM45」を狙った、
国内に入荷されてきたモデルの一つです。

個人的に「JTM45」系は好きなので、
期待していたペダルの一つでした。

ペダルレビュー

コントロールは4つで、

  • LOUD:音量
  • Gain:歪み量
  • Treble:高域調整
  • Bass:低域調整

どのツマミをわかりやすい効きをしてくれます。

筐体自体は同ブランドの、
「ARCHER」と同じものを採用していることもあり、
質量感はしっかりしています。

ジャックなどは筐体上部に配置、
エフェクターボードに組み込む際には便利かと。

駆動は電池、もしくはセンターマイナス9Vです。

サウンドレビュー

僕が知っているJTM45系、
Gold 45/100」や「Box Of Rock
と比べると音圧、低域の出方は大人しかったです。

ゲインレンジはクリーン〜オーバードライブ、
他のJTM系とそこまで差異を感じません。

ただ「Gold 45/100」「Box Of Rock」に比べ、
粗い感じやファジーさ、変に低域が膨らまず、
滑らかに歪んでいく印象でした。

どちらかというと、
「Menatone Blue Color」に近いかも。

また飽和感もそこまで感じないため、
「JTM45系」とはいえ、かなり扱いやすいと感じました。

ちなみにTreble、Bassは、
基本12時の位置からスタートし、
足し引きしていく感じで音を作っていけます。

この2つのEQは効きも滑らかなので、
すごく使いやすかったですね^^

プリアンプ的にも使える一台

JTM45系というだけあり、
プリアンプ的にも使える印象はありました。

ただし、露骨に原音を変えるのではなく、
JTM45系の音質感を付加してくれる感じですね。

またギターはストラトで弾きましたが、
Gainフルでもギターボリュームを絞れば、
クリーンまで歪みを落とすことが可能です。

ボリュームを絞った時のクリーンは、
「Gold 45/100」に比べると、
ハリ、艶感はやや劣る印象はありましたが、
パリッとした高域の鳴り方はバッキング向きかもです^^

まとめ

他のJTM45系に比べると、
暴れた感じは弱いかな?というのと、
ギラツキ感は弱めですが、実際使うとなると、
このぐらいのほうが扱いやすいかも。

反面、ちょっと大人しいと感じるかもしれませんが^^;

ただJTM45系ペダルにみられる、
飽和感や音圧感がちょっとだけ苦手、
でも音質は好きなんだよなぁ…
なんて人にはちょうど良いかもしれませんね^^

Amazonで探す

楽天市場で探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました