「Fender USA Pawn Shop Special Series Greta」アンプレビュー!

スポンサーリンク

ギターアンプ&オーディオアンプとして使える、
「Fender USA Pawn Shop Special Series Greta」レビューです^^

fender greta amp

このアンプ、「Greta」ですが、
楽器屋さんで見かけた時からかなり気になっていました。

見た目のレトロな感じでインテリアにも良いです♪

fender greta

ギターインプットジャックなどの指し口は、
背面に配されています。

「Guitar Input」「Aux In」
「Line Out」「Speaker Out」が装備されています。

fender greta

あ、先に僕が勘違いしていたことを、、^^;

ヘッドホンは使えません(苦笑)

「Line Out」は他のアンプのインプットに繋ぎ、
この「Greta」をエフェクターのように使うことはできます。

でもヘッドホンアウトとしては使えないんですよね、、

販売店の中には「ヘッドホン」も使えます、
なんて書いてあるところもありますけどね(苦笑)

確かに「ラインアウト」とは書いてありますが、
「ヘッドホンアウト」とは書いていませんからね^^:

少し予想していましたが、
これはちょっと残念でしたね、、

ちなみに「Greta」から、
ヘッドホンアウトの付いたアンプに繋ぎ、
そのアンプのヘッドホンからならどうだ!
と試しましたが・・・無理でした^^;

でもそれ以外、
用途の幅が広いのは魅力ですね^^

ギターアンプ、もしくは、
プリアンプ(歪みエフェクターのように)、
またはオーディオアンプとして使える、
面白いアンプです♪

スポンサーリンク

ギターアンプとして

さてさて、レビューにいきます。

プリアンプ段に12AX7×1、
パワーアンプ段に12AT7×1本、
真空管を使用している2W出力のアンプですが、
音量は思っていたよりも大きいですね!

僕はマンションに住んでいますが、
フルボリュームではそれほど弾けませんでした、、

音は・・・う~ん、
すごく古臭い音がしますね(笑)

コントロールはボリュームをトーンのみ。

ボリュームを上げていくと歪んでいきます。
毛羽立った感のある、ちょっとファズライクな音です。

この歪みのキャラクターは、
人によって好き嫌いが分かれそう^^;

ボリュームの加減によっては、
クリーントーンも出せます。

でも「豊潤なクリーントーン」ではなく、、
どちらかというとチープな音です(笑)

良くいえば味がある音といったところでしょうか^^

トーンは右いっぱいの状態から、
高域をカットしていく、ハイカットのようです。

本体のスピーカーで音を出す場合、
フェンダーらしい、トレブリーな鳴り方はしません。

正直なところ僕は、
本体の10インチスピーカーからの音は、
そんなに感動しなかったです^^;

でも、まだ試していませんが、
この「Grata」をヘッドアンプとして、
他のキャビネットで鳴らすと印象は変わるかも。

他の方のレビューを見ても、
ヘッドアンプとして使ったほうが良いみたいですしね。

この点は試したら追記でレビューしますね^^

オーディオアンプとして

これはね、、僕は専門家でもないので、
率直な感想を書いておくと、、

ギターアンプとして使うよりも良いかも

と思いました。

なんていいますか、、
懐かしい音で音楽が流れてきました。

昔、実家においてあった、
父親のオーディオアンプで聴いた音といいますか。

決してクリアなサウンドではないのです。

同じ使い方をするなら、
YAMAHA THR10」のほうが音は綺麗でしょう。

でも「味のある音」といった意味では、
この「Greta」かな、僕はそう思いました^^

オーディオ的な視点なら、
こちらのサイトの紹介が参考になると思います(笑)

まとめ

良質なフェンダーチューブアンプ、
と思って買うアンプではないですね、これは(笑)

ルックス、多目的性が魅力だと思います。

あとチューブアンプなので、
真空管を換えてみる楽しみもあります。

↓ちなみに中はこんな感じです
fender greta

↓デフォルトでは中国製のものがのっています
fender greta

色々試してみようと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました