「Electro-Harmonix Power Tank」レビュー!

スポンサーリンク

充電式パワーサプライ、
「Electro-Harmonix Power Tank」を紹介します^^

先日、長年使っていた、
「Music Booster」が突然壊れました…

Electro-Harmonix Power Tank

既に生産終了していますし、
サポートも終了しているみたいなんですよね^^;

※実は「Music Booster」、
海外では未だ販売されているみたいですね

とりあえず電源供給ができないと困るので、
「Power Tank」を導入してみました。

レビュー

大きさはCAJのものと同じくらいですが、
一般的なパワーサプライよりも重いです^^;

付属品はアダプターとDCケーブル、
固定用マジックテープも付属しています。

Electro-Harmonix Power Tank

固定用マジックテープはあらかじめ、
ちょうどよい大きさにカットしてくれています。

Electro-Harmonix Power Tank

ただそれほど固定力はなかったので…
僕は結束バンドで補強しました。

Electro-Harmonix Power Tank&Pedal Train mini

僕のペダルボードは
「Pedaltrain Mini」ですが、
サイズ的にちょうど納まりました^^

筐体には電源のON/OFF、
電源供給口は9V×6個口あります。

Electro-Harmonix Power Tank

電源供給量も1口最大出力で「1000mA」、
最大容量が「2000mA」あります。

よほどのことがない限り、供給量的に十分だと思います。

ちなみに駆動時間ですが僕の場合、
供給するエフェクターの消費電量がトータルで200mAほどなので、

「2000mA÷200mA=10(駆動時間)」

といった計算になるみたいなので、
10時間ほど使えそうですね。

あとバッテリー残量もちゃんと視認できます。

Electro-Harmonix Power Tank

この表示で80%以上充電された状態ですが、
購入時からすでにこの状態でした。

それとノイズは「Music Booster」の時より、
分岐コードを利用していないためか減りましたね。

ちなみにこれ↓を使っていました^^

あと大切なポイント、
電源としての質はどうか?
ですが…普通です(笑)

出音はどちらかというと、
クリアでスッキリした印象を受けましたね。

電池やプロビのアダプターと比べると、

Power Tank&Providence PAP-5093DCJ

歪み系エフェクターの場合に関しては、
電池やプロビのアダプターのほうが、僕は好みでしたね^^;

でも基本的に「Music Booster」を使っていたので、
違和感を感じるほどではなかったです。

ただ何と言ってもこの「Power Tank」、
アダプターで充電しながらでも使えるのが良いです。

充電式パワーサプライなんですが、
もし充電し忘れても使えるわけですね^^

またバッテリーが消耗した場合、
交換してくれるみたいなので、
エレハモが倒産しない限り大丈夫でしょう(笑)

あと何と言っても…見た目がカッコいいです^^

Electro-Harmonix Power Tank

エフェクターボードの景観を損ねないのが、
個人的にはかなり良かったですね♪

「Music Booster」からの乗り換えはもちろん、
パワーサプライとしてもおすすめできる一台です^^

楽天市場で探す

Amazonで探す

サウンドハウスで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました