「Dr.Z Carmen Ghia Head」 アンプレビュー!

スポンサーリンク

「Dr.Z Carmen Ghia Head」
アンプレビューです^^

Dr.Z Carmen Ghia Head

Dr.Z Carmen Ghia Head

実は…人生で初アンプヘッドです^^

「Dr.Z」のアンプは以前、
コンボタイプのもの弾いたことがありました。

その時の印象として、
エフェクトもノリもよく、
出音も好みだったので、密かに狙っているアンプでした。

スポンサーリンク

仕様について

出力は18Wですがサイズは大体、
「W45mm×H25mm×D24mm」と結構大きいです。

Carmen Ghia Head & Delta Bluse

Carmen Ghia Head & Delta Bluse

重さも11kgほどとはいえ、
ちょっと重く感じたのが正直なところです^^;

使用されている真空管は、

  • プリ管:5751×1、12ax7×1
  • パワー管:EL84×2
  • 整流管:5Y3

合計5本のフルチューブアンプ。

Carmen-Ghia-Head-Tube

まだ解体していませんが、
中身はハンドワイヤードとのとこですね。

内部の写真ですが、
Twitterでフォローしてくださっている、
BCさんからいただきました^^感謝です!

carmen_ghia_kiban

確かにハンドワイヤード、
テンション上がりますね^^これなら末永く使えそうです。

ツマミは「Volume」「Tone」しかない、
超シンプルな仕様です(笑)

サウンドレビュー

ギターは手持ちの、
ストラトレスポールデラックスで試しました。

まず「Volume」ですが、
上げていくとナチュラルにドライブしていきます。

歪み方は粗めでとにかくダイレクト感が強い音ですね。

アメリカンというよりは、
ブリティッシュ寄りかもですが、
足して2で割ったようなニュアンスも感じました。

僕はFenderもMarshallも好きなので、
ちょうどいい感じでした^^

ただ、僕の感覚では、
どんなジャンルにも使えるというより、
ロック向けなサウンドですけどね(笑)

「Tone」に関して

キャラクターの変化も大きいのですが、
中域を中心に帯域がシフトしていく感じで、
左回しにすると高域が強調され、ソリッド感の強い音に変化します。

右回しで中低域が前面にでる感じですが、
3時ぐらいからはモコっとトーンフィルターがかかった音になります。

かなり独特な効きをしますが、
不思議と使いにくいということもなく、

「抜け感が欲しいなと思ったら左に回す」

「もう少し太くしたいなと思ったら右回し」

そんな感じで全然OK調整できますので、
「Tone」一つだからといって、使いにくい印象はなかったです^^

ゲインレンジについて

実際に弾くまでは、
よく歪んでもクランチぐらいかな〜と
思っていましたが、予想よりも歪みました^^;

この時はレスポールデラックス、
ピックアップ(ミニハム)はフロント、
「Carmen Ghia」の「Volume」は3時で、
「Tone」は12時ぐらい、アンプ直で弾いてみました。

出音の感覚としては歪ませていっても、
どこかクリーンが鳴っている感じがして、
芯もしっかり残るので、輪郭が損なわれないなと。

またギターボリュームを絞れば、
当たり前のようにクリーンになります。

ギターボリュームを絞るに従い、
音量こそ落ちますが、しっかり音が立つため、
音の引っ込みが弱く、煌びやかなクリーンが鳴ってくれました。

とにかくタッチレスポンスは早いので、
弾きにくいと思う人もいるかもしれませんが、
僕はこういったじゃじゃ馬なヤツは好きです(笑)

それと巷でいわれている通り、
かなり音圧は感じますね。

音圧の兼ね合いと関係するかはさておき、
「リバーブがなくても気にならない」といった、
レビューを見かけたことがありますが理解できました。

ギターとの相性について

ギターを選ばない、
という意見もよく目にする「Carmen Ghia」。

僕の印象としては、
レスポールデラックスでは、
すごく気持ち良く弾けたのに対し、
ストラトに持ち変えて感じたのが…
「結構ジャキジャキでタイトなピーキーな音」だなと^^;

それと前述した通り、
かなり芯がしっかり鳴るアンプなので、
バキンと巻き弦のニュアンスが出まくります^^;

僕のストラトが、
ヴィンテージ系ピックアップでかつ、
ボリュームにスムーステーパーを
入れているのあるかもしれませんけどね。

ただこれは「Carmen Ghia」の「Tone」、
ギターのトーンを絞ることで対処できましたし、
エフェクターを繋ぐことでも対応できます。

例えば、「Catalinbread ECHOREC」など、

Catalinbread ECHOREC Multi-Head Echo Pedal

Catalinbread ECHOREC

繋ぐだけで音が柔らかくなるペダルを繋ぐとか。

主観ですがこれだけだと…
音のハリ感が失われると感じたので、
EMDのバッファーブースターを繋いでみたところ、

echorec & EMD bb

音のハリ感は残しつつ、
程よく高域をおさえてくれました。

あとは音痩せする、
ヴィンテージエフェクターを繋ぐのもありかも。

Thomas-Organ-Crybaby-95-910511

Thomas Organ Crybaby

このワウなんかは結構音痩せしますが、
これはこれでナチュラルな響きになりそう(笑)

ただ本当はこういう時も…
ピッキングで調整できればと思いますが、
現実的にできないので、僕はこう手を考えました^^;

エフェクトとの相性は良いアンプ

数種類ですが、
歪みエフェクターも繋いで弾いてみました。

特に相性が悪いな…
というものはありませんでした^^

おそらくですが、
「September Sound Fuzz」
と絡めたらめちゃくちゃ良い気がしました。

September Sound Fuzz

今度試してみたいと思います^^

ヘッドアンプとキャビネットのインピーダンス整合について

いわゆるインピーダンスマッチングですが、
この「Carmen Ghia」は「4Ω」と「8Ω」の2種類。

Carmen-Ghia-Head-back

チェックしたスピーカーキャビネットは、
スタジオで見かけることも多い「Marshall 1960A」でした。

…で、「Marshall 1960A」でマッチングさせるためには、

  • ステレオ:8Ωで使用する(スピーカーを片側だけ鳴らす)
  • モノ:4Ωで鳴らす(スピーカーを全部鳴らす)

という2パターンです。

ちなみに今回試したのは、

  • モノ:16Ωで鳴らす
  • ステレオ:8Ωで鳴らす

結果的に「ステレオ:8Ω」のほうが、
音量も音圧も上でした。

実はアンマッチングだと、
音量は約80%程度という情報も見ましたが、
体感的にそういった印象は確かにありましたね。

あと、アンプ側のインピーダンスよりも、
キャビネット側のインピーダンスは高くしておく、
というのは絶対だそうです^^;

アンプ:8Ω→キャビネット:16Ω
こういった状態は大丈夫とのことですが、
真空管の寿命を縮めるなどの弊害もあるとか、、

故障のリスクもありそうですが、
マッチングさせた時のほうが明らかに、
出音は気持ち良かったので、これからは…
素直にマッチングさせて使います^^

音量・音圧が大きいっていうけどどれくらいなの?

これは僕が思っていた疑問なんですが、
この「Carmen Ghia」は音量・音圧ともに、
18Wのアンプとは思えないと言われています。

でも実際どのくらいの音量なのか?

そこでスタジオにあった、
JC-120とくらべてみました^^

JC-120のチャンネル2を使用、
インプットは「HI」、EQは全て5、リバーブOFFの状態。

それに対し「Carmen Ghia」は、
音量、音抜けも良いと思われたセッティング(※)で比較しました。

※ボリューム:3時、トーン:12時

音量的にいうと、
大体上記セッティングのJC-120なら、
ボリューム1.5〜1.7ぐらいかなと。

ただこれはギターボリュームを、
3~4ぐらいに絞ってクリーンにした時の話です。
ボリュームフルにするとそれ以上の音量に感じました。

(ややこしくて申し訳ないです、、)

またインピーダンスマッチされた状態だと、
音圧も相まって、もう少し大きく聞こえますし、
とにかく音が飛ぶので、余程中音が爆音でなければ使えるかなと。

まだアンサンブルの中で、
試していないのでわかりませんが、
現時点ではライブでも十分使えると感じました。

※もし今まで使っている方で、
「こんな状況で使ったけど、全然使えたよ!」
という情報があれば、教えていただけると幸いです^^

このぐらいの小型アンプの運搬用ケースについて

Carmen Ghiaもそうですが、
このぐらいのサイズのアンプ用運搬ケースって、
なかなかないんですよね、、

あっても高いとか、、
手軽にかつ、軽量なケースってないのかな?
と色々探しました。

そこで見つけたのがこのカホンケースでした^^

生地も厚めでサイズ的にも余裕があるので、
緩衝材をいれることも可能です。

ケースにはポケットも付いているので、
電源ケーブルも収納可能、ケース内の隙間に、
エフェクター3〜4台一緒にいれることもできます^^
(ただし、クソ重くなるのでおすすめはしませんが^^;)

持ち手もしっかりしていますし、
数回持ち運びしていますが、
今のところ問題はないので耐久性的にも大丈夫そうです^^

今後検証してみたいこと

ピックアップしてみますと、

  1. プリ管を変えてみる
  2. ステップアップトランスを導入してみる
  3. スピーカーケーブルを物色してみる

といったところですかね。

プリ管を変えるのは、
もう少し歪みにくくならないかなということ。

ステップアップトランスは、
Dr.Zアンプが117Vぐらいなので、
導入したほうがより真価を発揮すると聞いたから。

スピーカーケーブルは、
僕自前のものとスタジオのケーブルを差し替えた時、
思っていたよりも音の変化が大きかったから。

ですね^^

ただこれらよりも運搬用のケースやら、
自宅弾き用のキャビが欲しいので、後回しになりそう、、

あと勝手な思い込みなので、
もっと面白いモディファイ方法などがあれば、
メッセージいただけると嬉しいです^^

まとめ

弾き込んでいないので、
まだまだ発見があるとは思いますが、
現状ではとても満足しています^^

特にレスポールデラックスで弾い時、
最高に気持ち良くて、ずっと弾いていたいと思いました。

それとあらためて感じたのが、
もっとアンプを弾いてみないとダメだとな…と。

100Wクラスのアンプも勿論、
それ以下も含め、20Wクラスのアンプも弾いていきたいですね。

ちなみに「Carmen Ghia」は
中古だとMarshall、Fenderなどと、
変わらない値段かそれ以下の場合があるので、
クオリティからすると結構狙い目かもです^^

楽天市場で探す

Amazonで探す

余談

キャビネットの相性やら、
インピーダンスマッチを考えると、
持ち運びさえ気にならないのであれば、
スピーカーにも拘っているコンボタイプのほうが良いかもです。

何より、Dr.Zサウンドを純粋に楽しめるそうですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました