「Classic Amplification Vibe-Baby CV-2」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

Classic Amplification Vibe-Baby CV-2

Classic Amplification Vibe-Baby CV-2


機材協力:Thanks! bc183l

国内未入荷であろう、
こちらはユニヴァイブクローンペダルです。

公式サイトで「CV-2(ペダルレスタイプ)」と
オリジナルと比較した動画がありますが、

これを見る限り、
サンプルにした個体を忠実に再現している、
レプリカペダルとうかがい知れますね。

ペダルレビュー

ペダルタイプのため、
ペダル操作でリアルタイムにスピード操作が可能です。

エフェクトのかかり具合は、
筐体サイドにある「Intensity~」で調整、

cv-2_intensity

バイパス時とバッファード時の
音量を同じにしたければ、筐体横のミニスイッチ
を切り替えながら、調整するとわかりやすいですね。

それとバッファード時の音量は
フットペダル下の、

cv-2_vol

このシャフトで調整します。

またエフェクトですが、
スイッチを踏むというものでなく、
ペダルを踏み込んでいくと、
自然にエフェクトオンになります。

なので、エフェクトをかけない時は、
かかと側いっぱいに倒しておけばOKですね。

cv-2_side

ちなみにペダルのトルクは硬めなので、
途中で止めても、勝手にペダルが下がることはありません^^

それと筐体自体、
一般的なワウペダルよりも軽めでしたね。

サウンドレビュー

ユニヴァイブ系ペダルといえば、
以前レビューした「Heaven’s Vibe」が、
最高峰と感じていましたが、

Heaven's Vibe

今回は手元にある、

Mini-Vibe

Mini-Vibe

これと比較、動画を撮ってみました。

動画は前半が「CV-2」、
後半で「Mini-Vibe」を弾いています。

まずはバッファー音、
次はエフェクトオンにしてます。

バッファーの音も揺れ方も違いますよね。

僕の好みでいうと、
低域からグッと揺れてくれる、
「Mini-Vibe」が好きかな…というのが第一印象。

ただ「Heven’s Vibe」寄りの音なら、
「CV-2」のほうが似ているかもしれませんね。

…ちなみ「Heven’s Vibe」を
弾いた時のこと思いだしてみると、
この時は圧倒的に「Heven’s Vibe」のほうが、
ヴァイブサウンドとしては「Mini-Vibe」に勝っていました。

ただ今回「CV-2」の場合、
そこまでの説得力に欠けていた…
というのが正直な印象でした^^;

何が違うのか?

これは並べて弾いていないので、
明言はできませんが、強いていえば、
揺れ方のうねり感が弱いといいますか…
率直に物足りなさは感じました。

所有するbc183lさんの話では、
「Heaven’s Vibe」が前期ユニヴァイブのレプリカ、
この「CV-2」は後期のレプリカの違いかも?こと。

あと「Mini-Vibe」と比べ、
好みではないかな…と感じてしまったのは、
特にファズと絡めて使った時でした。

ファズとの相性をチェック

ファズを「CV-2」の前段に置くか、
後段に置くかによっても変わりました。

今回検証に使用したファズは、
「Analogman Sunface NKT275 White Dot」、

Analogman Sunface NKT275 Whitedot

Analogman Sunface NKT275 White Dot

ゲルマニウムファズフェイスです。

…で、まずは前段に置いた場合、

そして後段に置いた場合、

だとこんな感じ。
電源の関係か…ノイズが気になりますね^^;

とにかく、良し悪しではなく、
しっかり揺れがかかるかどうか、
もう単純に揺れ加減の好みの話ですね。

あとバッファード仕様のため、
バッファーの影響を受けた時の音でも、
気になる点がありました。

バッファーとの相性を検証してみた

まず先に言っておくと、
バッファードの音自体は「CV-2」のほうが好みでした。

前段にファズがある場合

僕的には前段にファズを置いた場合だと、
中低域をグッとプッシュされる印象でした。

これはエフェクトオフ時、
バファードの時の音が
そのまま反映されている感じで、
そこまで気になるものではなかったです。

…で、気になったのは後段に置いた場合。

「Sunface」の良さが消される…
減衰音の滑らかさを損ねてしまうと感じたんですよね、、

僕はファズフェイス系を絡めて使いたいので、
この相性の具合は苦手な印象持ってしまいました^^;

電源によっても音は変わる

この「CV-2」ですが、
「9VDC 200-400mA」駆動、
どうも内部で18Vに昇圧しているそう。

…で、電源で音が変わるかも?とのことで、
「CAJ」と「Providence」のアダプターで検証してみました。

CAJは1.2A、Providenceは200mA、
比較してみると、

いかがでしょう?

エフェクトのかかり方具合は、
予想以上に変わった…と僕は感じました。

まとめ

このクラスのエフェクターになると、
結局のところ、自分の好みに合うかどうか、
良し悪しの判断はできないなと。

ただ、正統派ユニヴァイブ系の音が欲しい人なら、
この「CV-2」はハマるかと。

ちなみに国内で手に入る、
この手のサウンドが出せるものなら、
思い浮かぶのは…

「Dry Bell Vibe Machine」か、
弾いたことはないのですが、
「Fulltone Deja Vibe 3」あたりでしょうか。

この辺とも是非比べてみて、
もしこの「CV-2」が勝るのであれば、
価格的にもユニヴァイブ系サンプルとして、
手元に置いておきたいですね^^

あと今回改めて実感したこととして、
僕はいわゆる…ユニヴァイブが欲しい!
という拘りはないのかも…と^^;

まだまだ勉強・検証不足なので、
もっと弾いてみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました