Catalinbread Dirty Little Secret MK3 エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

Dirty Little Secret MK3

「Dirty Little Secret MK2」の印象が良かったので、
この「MK3」にも期待大でした♪

サウンドレビュー

この「MK3」ですが、

  • スーパーリードモード
  • スーパーベースモード

というモード切替を、
内部DIPスイッチで切り替えられます。

ちなみに試奏時は、
「スーパーベースモード」で行いました。

そのせいかもしれませんが、
第一印象として、

“歪みの質感自体は双方ともに似ていますが、
「MK2」よりもかなりローが強く、出音は柔らかくなっている”

と感じました^^;

また「MK3」は、3EQ搭載のため、
一見、細かな調整ができそうですが、
そこまで極端に効きません(笑)

微調整ができるといった感じで、
「MK2」の「Presence」「Fullness」にも通じますね。

あと「MK2」はミドルの押し出しが弱い、
物足りないと感じる人には「MK3」はハマるかも。

僕はどちらかというと「MK2」の、
硬めの音が好きですけどね^^

まとめ

「MK2」と「MK3」の違いは、

「MK2」
→よりソリッド感の強い音がだせる

「MK3」
→よりアンプ的な温かさをもったサウンドがだせる

といったところでしょうか^^

そして、共通していえることは、
アンプをそれほど選ばないペダルであるということです。

例えば「JC-120」でもレスポンスの良い、
マーシャル系サウンドも作れます^^

ギターボリュームを絞れば、
そのままクリーンにもなるので、
プリアンプ的に使っても良いですね。

海外ミュージシャンで、
ペダルボードに忍ばせている人の意見を見ても、

「もしもの時でも好きな歪みがだせる」

ことが可能だからとか。
その理由は今回弾いて実感できましたね^^


コメント

タイトルとURLをコピーしました