「Catalinbread Dirty Little Secret MKⅡ」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

Catalinbread Dirty Little Secret MKⅡ

マーシャル系ペダルとして、
アメリカでは評価が高い「Catalinbread」のエフェクターです。

これは「MKⅡ」ということで、
Dirty Little Secret(以降DLS)のセカンドバージョンとなります。

実は以前に、
初期バージョンを弾いたことがありましたが、
良いとは思いましたが、ファットさがちょっと足りない、
好みではないと弾くことがありませんでした。

しかし今回、DLS MKⅡを弾いてみたわけですが、
その時とは印象が違った…ちょっとびっくりしました^^;

サウンドレビュー

試奏時のアンプは「Fender Hot Rod Devile」だったんですが、
マーシャルっぽいサウンドが飛び出してきたんですね!

ピッキングレスポンスもよく、
ギターボリュームを絞った時のクリーントーンも使えるサウンドです。

「Lovepedal」のペダルが好きな方にもハマると思います。
ついでにいっておくともノイズが少ないですね。

またEQである「プレゼンス」「フルネス」の効きが絶妙です。
派手な効き方はしませんがその分、調整はしやすいです。

それとMKⅡは初期タイプのように、
JCM系のサウンドはチョイスできなくなっています。

その分プレキシ系、JTM系サウンドを
より意識したペダル、このサウンドしか出せない!
そんな無骨さも魅力的に感じました。

他のマーシャル系ペダルに比べると、
低域の強調や過度にゲインがあるといった、
わざとらしさも少ないようにも感じました。

ちなみにカタリンブレッドに興味を持ったのが、
「他のエフェクターを繋いでも相性が良い」といった、
複数のペダルを繋ぐことを前提に作られているペダルと聞いたからです。

なぜそんな話になったかといいますと、
最近使っていた「Bogner Red」が他の歪みペダルと組み合わせ…相性が悪いかな?と。

特に「Bogner Red」の場合、
「Fuzzfactory」や「Big Muff」といった、
ファズ系ペダルと相性が悪い気がしまして。

ですので、カタリンブレッドの、
ペダルコンセプトは興味深いものでした。

で、実際に試してみたところ、
おぉ、、確かに、、、良かったなと^^

一緒に繋ぐペダルの良い部分を消すようなことがありません。

あとファズといえば、
「Fuzzfactory」との相性がいいですね。
コントロールがしやすい(笑)

ちなみに他のペダルでブーストさせた時もなかなかに良いです。

例えば、BD-2/SuperやTS系ペダルでブーストさせると、
きちんとブースト効果がかかり、グっ前にでる音がします。

この「Dirty Little Secret」、
紹介くださった楽器店の店長さん曰く、
「良いけどなかなか売れない」と嘆いていましたが、
個人的には複数、エフェクターを使う人には、
かなりおすすめできると実感しました。

個人的にも嬉しい発見でしたね(^^)v

楽天市場で探す

Amazonで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました