「Caroline Guitar Company Wave Cannon」 エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

「Caroline Guitar Company Wave Cannon」
エフェクターレビューです^^

Caroline Wave Cannon

Caroline Wave Cannon

「Caroline」といえば、
個人的に銘機と思っている「Haymaker」を
最近はもっぱら愛用していますが、

Caroline Guitar Company HAYMAKER

Caroline Guitar Company HAYMAKER

この「Wave Cannon」も、
「Guitar World magazine 2011」で、
トップ10に選ばれたペダルで銘機と噂されるペダルなんですね^^

ペダルレビュー

サウンドバリエーションは、
オーバードライブからファズ、そして…
発信音系ファズまでカバーします。

コントロールは見ての通り、
意味不明の表記のツマミが4つ(笑)、
それとミニスイッチが一つです。

ザックリ説明すると、
上からプリゲイン、ゲイン、
トーン、ボリュームと言った感じです。
(以下この呼び名で書きます)

ミニスイッチを切り替えることで、
発信系ファズサウンドに変貌します(笑)

表記の向きも他にはない感じから、
独特な雰囲気が感じられるカッコいいペダルだなと思いました^^

サウンドレビュー

プリゲイン、ゲインの設定で、
様々なゲインレンジをカバーしてくれます。

例えば、軽めのクランチサウンドであれば、
プリゲインのみを上げていきます。

オーバードライブであれば、
プリゲイン、ゲインともに12時前後ぐらいにする感じですね。

そしてプリゲイン、ゲインともMAXにすれば、
ファズサウンドに変貌します(笑)

よく出来てるなぁーと思ったのが、
オーバードライブ程度に歪ませた時が…
割りとナチュラルな歪みでファジーじゃないんですよね。

それとエフェクター臭くなく、
手元のボリューム操作にもリニアに反応するので、
アンプライクさも感じられるペダルです。

この感じ…「Haymaker」に似ている印象を受けました。

あとファズまで歪ませた時は、
特にマフ系とかじゃないんですが、まとまりのある伸びやかな音。

これはリードプレイにハマりると思いました^^

ちなみにトーンはよく効きますので、
ファットなサウンドからエッジーなサウンドまでカバーしてくれますよ。

オシレーターモードについて

ミニスイッチを切り替え、
プリゲイン、ゲインを上げていくと発信します(笑)

発信音はペダルのツマミはもちろん、
ギターボリュームでも操作はできますし、
発信音も太く、あの「Fuzz Factory」にも負けていません。

ただし…ゲートを効かせたような、
ブチブチ系、シンセ系ファズサウンドはだせなかったですね^^;

僕的には必要がなかった…^^;

音はすごく好きな感じだったんですが、
僕的には手に入れるまではないかな…と思ってしまいました^^;

なぜなら…
OD・アンプライク系なら「Haymaker」、
発信(飛び道具)系として使うなら、
Fuzz Factory」が勝っているなと思ったからです。

ただ、一台でこれだけ幅広いサウンドをカバーし、
出音のしっかりしていた感じは魅力であるなと思いました^^

現在はバージョンアップされてます

この「Wave Cannon」ですが、
現在はバージョンアップされています。 

大きな仕様変更として、
ミニスイッチのモード切り替えが
フットスイッチで切り替えられるようになりました。

真っ当な歪みと発信系サウンドが、
足元で切り替えられるわけです(笑)

使い勝手としては、
ニューバージョンのほうが良さそうですね^^

以上、
「Wave Cannon」のペダルレビューでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました