「Caroline Guitar Company Kilobyte Delay」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク


「Caroline Kilobyte Delay」
エフェクターレビューです^^

Caroline Guitar Company Kilobyte Delay

Caroline Guitar Company Kilobyte Delay

個人的にすごく気になっていて、
一時期本気で手に入れようか悩んだ、
アナログライクなデジタルディレイです。

今回はありがたいことに、
友人が貸してくれたものをレビューしたいと思います!

ペダルレビュー

「Caroline」のペダルって…
どれもそうですが全く意味不明のツマミ表記が特長ですよね(笑)

Caroline Guitar Company Kilobyte Delay

ただこの「Kilobyte Delay」に関しては、
ツマミを触れば大概理解できると思います。

特長的なのが右上の「Attack」ツマミで、
ディレイ音に倍音感を加えるといったものだそう。

なんでもこの「Attack」は、

+21dBのブースト・プリアンプ回路でPT2399チップを叩くことでファットで倍音の強いリピート音を演出する

とのことですが、わかりやすくいうと、
残響音に歪みが加わるといった感じですね^^

ただ歪みとはいっても、
ディストーションのように深く歪みではなく、
暖かみのある歪みが僅かに足される感じなので…
ナチュラルで耳障りな感じはありません^^

ディレイタイムは「最大約500msec」、
リピートも長めに設定できるなど実用的な効きをしますし、発信もします(笑)

筐体中央にあるツマミ「TACOS」は、
残響音にモジュレーションサウンド、揺らぎを付加してくれます。

全開にしても使えないほど過激な効かないので、
変態系サウンドは作れないです(笑)

フットスイッチは2個ありますが、

Caroline Guitar Company Kilobyte Delay

「HAVOC」はタップテンポではなく、
ディレイ音をフィードバックさせるためのもの。

フットスイッチを長押ししている間、
弾いた音をバックに鳴らし続けることが可能、
幻想的な空間を作ることができます^^

ツマミをいじらずとも足元で、
こういった音をコントロールできるのはなかなか面白いです。

強いていえばタップテンポも…
コントロールできれば最高だったんですけどね(笑)

サウンドレビュー

個人的には好きな感じのディレイでした^^

適度にローファイな感なので、
埋もれ過ぎず、主張し過ぎない、
正にかけっぱなしでも違和感の少ないディレイペダルです。

僕はこの動画でかなりやられました(笑)

ちなみに手持ちの「Deep Blue Delay」系ペダルと比較してみましたが、

Kilobyte Delay & Deep Blue Delay

ローファイディレイとはいえ、
「Kilobyte」のほうが原音はクリアに響く印象でした。

あくまで僕個人の好みですが、
ディレイタイムを気にせず使えるのは、
「Deep Blue Delay」かな?とは思いました。

ただし「Kilobyte」のほうが、
歪ませた時でも残響音の際立つので、
バランス良く使える印象はありました^^

あとデジタルディレイ系と比べ、
そこまでディレイ音が立つわけではないので、
ナチュラルな残響音が得られましたね^^

まとめ

結果として僕は購入には至りませんでしたが、
買っても後悔しなかっただろうなと思いました。

ローファイとはいいつつもローファイ過ぎず、
かといって主張しすぎることもないディレイと…
かなりおすすめできるペダルです^^

「Caroline」は「Haymaker」といい…
良いペダルを送り出してきますわ(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました