「Caroline Guitar Company HAYMAKER」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Caroline Guitar Company HAYMAKER

Caroline Guitar Company HAYMAKER

以前レビューしたコロンビアでも紹介した、
「Caroline Guitar Company」のペダルです。

この「Haymaker」はオーバードライブ。

しかし単なる…
オーバードライブペダルにおさまらないペダルでした^^

とにかく多彩な音作りが可能^^

この「Haymaker」、試奏レベルで
ポテンシャルを図るのは難しいペダルですね^^;

実際購入して、じっくり触ることで、
色々な発見できた面白いエフェクターでした。

とにかく音作りは多彩。

ゲインレンジはかなり広く、
オーバードライブからファズっぽい歪みまで、
幅広くカバーしてくれます。

さらには音圧もコントロールできるなど、
とにかく…サウンドバリエーションが広いです^^

各コントロールを見ても、
ツマミの表記は意味不明です(笑)が、

Caroline Guitar Company HAYMAKER EQ

大体こんな感じに作用します。

中でも右下のツマミが独特で、
プリゲインのような、それとプレゼンス的な効き方がします。

触っている感じだと、
このツマミが歪みキャラクターを決める効きをしましたね。

あとは真ん中のミニスイッチはクリッピング切り替え、

  • A⇒Classic Soft Clipped
  • B⇒Non Clipped
  • C⇒Hard Clipped

といった感じでモード切り替えが可能です。
…で、ざっくりした音の印象としては、

「A」⇒コンプ感がやや強めのオーバードライブサウンド

「B」⇒あまり歪まないダイレクト感の強めなサウンド

「C」⇒歪みの強いディストーション・ファズサウンド

でした。

ちなみにこのクリッピング、
ランドグラフ系とは異なるとか。

Haymaker 基板

僕はランドグラフよりも、
断然好きな音でした^^

また驚きだったのが、
友人ビルダーの解析によると、
ベースになっているのは「Maxon SD-9」だそうですね。

あとこれだけツマミやらスイッチがあると…
使えないモードがあるものなのですが、
この「HAYMAKER」はそれがあまりないんですよね^^;

各ツマミを駆使すれば、
どんなアンプでも音作りができるペダルかと。

サウンドレビュー

基本的にはオープンで太い、
ゴリッとしたロック系サウンドです。

僕的にはとにかくカッコよい、
サウンドが得られたのは驚きました。

パンチの効いたドライブサウンドが好きなら、
これは気に入ってもらえるはず^^

また、ストラトキャスターなど、
シングルコイルのギターでも十分太い、
深い歪みまで得られました。

ちなみに僕はクリッピングモード、
「C」のポジションが好きな感じでして、
セッティング次第で、

ファズっぽいサウンドも
作れるのが気に入っています^^

ちなみに僕はストラトで、
ロックジャンルを奏る時ならチョイスしてます。

プリアンプ的にも使えます^^

ギターVOL、ピッキングへの反応性も良く、
プリアンプ的にも使えるなと。

でも「Lovepedal」「Jetter Gear」に比べると…
やや物足りなさは感じました^^;

ごめんなさい、、
あらためて弾くとそんなことはなく、
ダイレクト感の強い「B」モードを選択することで、
手元でかなりコントロールできました^^

また「JC-120」でも試しましたが、
相性も良く、しっかり歪ませることもできますし、
トランジスタ臭さも軽減できる印象でした。

あと驚きだったのが設定次第で、
Jetter Gear Gold 45/100」に
ニュアンスを似せることができたことですね。

そんなこともあって、
手放せないペダルになっています^^

まとめ

これ、本当にすごいペダルです。

メインの歪みから、
ブースターまで幅広く使えるので、
一台持っているとなかなかに便利なペダルかと。

各ツマミの効きが独特なので、
使いこなすまでちょっと時間は要するかもですが、
その分、楽しさや面白みは感じました^^

あまり見かけないかも…ですが、
是非一度、試してほしいものです。

楽天市場で探す

Amazonで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました