「BOSS OD-1」エフェクターレビュー!超初期個体を含む、年代別OD-1&クローンモデル「nature sound VS-01」も弾き比べ!

スポンサーリンク

1977年に登場した、
オーバードライブペダルの祖、
名機と名高い「BOSS OD-1」をレビューします^^

BOSS OD-1 #9600 #8800 #6900

BOSS OD-1 #9600 #8800 #6900

今回、レビューするのは4機種。

【クアッドオペアンプモデル】

  • RC3403ADB×4台(内2台はシリアル6000番台!)
  • NEC μPC4741C×2台

RC3403ADBは貴重な最初期の6400番を用意できました^^

【デュアルオペアンプモデル】

  • NEC C4558C

Thanks @ConstipatedBeck

【クローンモデル】

  • nature sound VS-01
nature sound VS-01

nature sound VS-01

Thanks @yamatyu0517

友人の協力のもと、
揃えることができました^^感謝!

さて、OD-1と言えば、
既に色々な方がレビューされていますが、
実際、手に取ることでわかったこと、また、
魅力を知る機会となりました。

そしてこの記事をご覧いただくことで、
好みに近そうな物を選ぶ際の参考になれば嬉しいですね^^

スポンサーリンク

ペダルレビュー

冒頭にも書きましたが、
今回は大きく分けて3種類のOD-1、
そしてレプリカモデルを同時に比較していきます。

ではまずは「BOSS OD-1」から。

「BOSS OD-1」シリアル6900番

BOSS OD-1 スケルトンスイッチ シリアル6900番

初期型と呼べる1978年製、
スイッチはスケルトンスイッチです。

基板は茶色ではなく、乳白等色、
オペアンプにはレイセオンの「RC3403ADB」がのっています。

BOSS OD-1 serial 6900 基板

後年のモデルはもちろん、
あまり見ない基板の色、そして絶縁シートは紙です。

巷でよく言われているのが…
この「RC3403ADB」は壊れやすいとか。

Over Drive BOOKにも書かれていましたが、
とにかく品質のばらつきもあったそう。

そしてその後、発売時にオペアンプが変更され、
「NEC μPC4741C」のOD-1が登場します。

「BOSS OD-1」シリアル8800番

BOSS OD-1 シリアル8800番

スイッチは黒いタイプのもの、
オペアンプには「NEC μPC4741C」、

BOSS OD-1 シリアル8800番 基板

絶縁シートはこの頃もまだ紙ですね。

「BOSS OD-1」シリアル9600番

BOSS OD-1 シリアル9600番

デュアルオペアンプ「NEC C4558C」を搭載。
ちょうどクアッドオペアンプから移行されていく時期のものかと。

BOSS OD-1 シリアル9600番 基板

絶縁シートは紙ではなくなります。

ちなみにシリアルや仕様については、
TC楽器さんBoss Pedal Serial Decoder
で詳しく知ることができます^^

nature sound VS-01

クローンペダルとして名の通った、
nature soundさんのOD-1クローンペダルですね。

オペアンプには「RC3403ADB」、
パーツはヴィンテージと同じではなく、

nature sound VS-01 基板

独自の解釈からサウンドを近づけ、
製作されているそうですが、見た目に…
そそられるパーツが使用されています( ̄▽ ̄)

またこの「VS-01」ですが、
筐体サイドにあるミニスイッチで、
バイパス音を選べるのも特徴。

バッファードとトゥルーバイパスの2種類を選ぶことが可能です。

「OD-1」サウンドレビュー ~各モデルを比較して~

結論からいいますと…
全て、音は違いましたし、
既にレビューされている方々の印象、
僕も同様の感想を持ちました。

そして実際に触ってみてわかったこと。

予想していたよりは歪みますし、
アウトプットレベルも大きいんですよね。

あとそこまで歪ませなくても、
心地よく歪んでいるように聴こえる、
そんな不思議な感覚を覚えました。

「OD-1」の個性はクアッドオペアンプにあり

で、個人的に「OD-1」たる個性、
それはクアッドオペアンプにあるかな、と。

渇いた「カーン」と抜けるような高域、
バイト感、密度のある中高域の出方など、
他にはない個性を僕は感じました。

例えば、中域もしっかり鳴りますが、
TSペダルとは全く異なります。

またボリューム、ゲイン共に、
12時あたりでは低域はやや削れて聴こえます。

このニュアンスが大型アンプ等の、
ブースターペダルとして使用した時にハマるのかなと。

それとJC-120などで鳴らしても良い感じに鳴ってくれそう。

自宅環境ですがJC-40で鳴らした感じ、
中高域~中域にかけての音の密度感が作用してか、
好みな音が鳴ってくれたのも嬉しかったです^^

そしてこれらの印象を、
1番色濃く感じたのが「RC3403ADB」でした。

「NEC μPC4741C vs RC3403ADB」

それ以降のモデルになるにつれて徐々に、
中低域に厚みが出てくる印象でした。

「NEC μPC4741C vs NEC C4558C」

なので、今回比べた個体でいうと、
デュアルオペアンプの「NEC4558C」が、
OD-1らしさは薄れると感じました。

でもこの3種類のOD-1でいえば、
扱いやすい、好みという人が多いのは、
「NEC C4558C」モデルかな?と。

肉厚のある中低域があり、
セッティング12時でも低域側が削られず、
重心が低めで図太さを感じた音だったからです。

これらの違いは善し悪しではなく、
好みでチョイスすれば良いかと。

2つのツマミでも多彩なサウンドが作れる

ちなみにクアッドオペアンプモデル、
ボリュームを上げると高域側が張り出し、
ドライブを上げていくと低域側が飽和してきます。

つまり、2ノブしかありませんが、
出音の調整が効くというのも驚きでした。

あと今回は比較していませんが、
以前に所有していた黒ネジのOD-1でいうと、
もっとマイルドな音だった記憶がありました。

予想ですが後期になるにつれ、
TS系のようなマイルドなサウンドに、
変わっていくのかな?と。

「SD-1」と変わらないという、
情報も目にしましたがそういうことかもしれませんね。

バイパスサウンドも現行BOSSペダルとは違う

BOSSペダルといえば、
バッファードペダルとして知られています。

…で、BOSS OD-1、
現行BOSSペダルのバイパス音と違います。

厳密に言えば、70年代、80年代、90年代、
といった年代によってBOSSペダルのバイパス音は異なります。

キラキラしたバイパス音ではなく、
くたびれたような…バッファが絡んでいないような、
そんな音がOD-1は特徴的です。

これはおそらくですが、
OD-1の入力インピーダンスも関係していそうかなと。

OD-1の入力インピーダンスは「470kΩ」、
一般的なペダルでいえば「1MΩ」ということからして、
入力インピーダンスが低いと言えます。

どうしてこの設計なのか?不明ですが、
エフェクトサウンドのみだけでなく、
バイパス音にもOD-1サウンドの秘密が
潜んでいると考えてしまいます。

レイセオン「OD-1」をシリアル別に比較してみた

製造年の異なるレイセオンオペアンプ、
「OD-1」を比較してみました。

比較したのはシリアルが、
#6400、#6900、#7300、#8200
この4つの個体を用意しました(※)。

※協力してくれた友人達に感謝です^^

手持ちの#6900をベンチマークにしながら、
各個体、製造年(シリアル)を比較していきます。

#6400と#6900を比較してみて

シリアル6400番といえば、
最初期の個体、かなり貴重です。

BOSS OD-1 #6400 シリアル6400番

BOSS OD-1 #6400

Thanks @bc183_l

さすがに…といいますか、
手持ちの#6900の個体とよく似ていました。

#6900のほうがやや音の重心が低く、
#6400は音がややクリアで原音を感じる、
…といった程度で、個体差レベルの違い…と。

例えば、#6400を持っている人が、
バックアップとして#6900を買っても、
違う!とはならないのではないでしょうか。

これはもう…お好みでどうぞ!ところでしょう(笑)

#6900と#7300を比較してみて

BOSS OD-1 #7300

BOSS OD-1 #7300

Thanks @shunsaku5150

#7300、これも#6900とかなり肉薄した傾向でした。

やや#7300のほうが
高域の伸びがあるように感じましたが、
そこまで大きな差は感じられませんでした。

ただしこの違いが
製造年の違いなのか?個体差なのか?
もしくはパーツの劣化のためか…判断が難しい差でした。

#6900と#8200を比較してみて

BOSS OD-1 #8200

BOSS OD-1 #8200

Thanks @ConstipatedBeck

ハイミッドに特徴のある、
抜けの良い渇いたサウンド、
レイセオンはレイセオンの音だな…と。

↓前半が8200番、後半が6900番

個体差もあるでしょうから、
一概には言えないかもしれません。

しかし、8200番の個体にも、
ローミッド側の出方、音の厚みに差はあれど、
レイセオン個体の魅力は感じ取れました^^

「NEC μPC4741C」個体差をチェックしてみた

きになるおもちゃさんから、
「NEC μPC4741C」個体をお借りしました!

Thanks きになるおもちゃ

シリアルは8700番、

以前レビューした、
「NEC μPC4741C」個体よりもやや古い個体ですね。

さて、肝心の音、個体差ですが、
今回お借りした個体は高域にピークを感じるものの、
「NEC μPC4741C」の特徴は感じました。

やはりレイセオンと比べると、
ハイミッドの鳴りはまろやかでしょうか。

やはり「OD-1」は年代によって、
音に特色があるペダルだと感じました。

「BOSS OD-1」と「nature sound VS-01」を比較!

同じく「RC3403ADB」を採用した、
「nature sound VS-01」はどうなのか?
6900番のOD-1と比較してみました。

動画だと分かりにくいかもですが、
僕が弾いた印象では渇いた感じは少し弱く、
ややまろやかに感じました。

ただ、バッファードサウンドは似ていたので、
こういう個体もあったのか、もしくは扱いやすさを考え、
中低域に厚みを持たせているのかな?と。

…とはいえこの「VS-01」、
クアッドオペアンプらしさは感じますし、
そもそもパーツもオリジナルと全然違うので、
アプローチ含め、この解釈は面白かったですね^^

「nature sound」のペダルは、
他のモデルも弾いたことがありますが、
僕はこのモデルが一番好感触でした( ̄▽ ̄)

まとめ

今さらなレビューでしたが、
世に言われている年代による音の違い、
体感することで納得することができましたし、
今でも十分使えるペダルだなと実感しましたね。

バイパス音も初期になるほど、
まろやかなコンプ感があるといいますか、
現行BOSSペダルとはまた違います。

今回これだけのOD-1を試すことで、
このペダルの持つ魅力に引き寄せられてしまいました^^

ちなみに僕は6000番台のOD-1、
つまりは「RC3403ADB」の個体が好きでした。

手元のセッティング次第で、
「NEC μPC4741C」に寄らせれますし、
やはりOD-1の個性を一番強く感じたからです。

それと「RC3403ADB」の場合、
興味深かったのが手持ちのドライブアンプを、
ブーストさせた時の挙動でした。

↓右が「NEC μPC4741C」左が「RC3403ADB」

クリーンアンプで踏んだ時と違い、
中域~中低域にかけて肉厚感がグッと増す、
この特徴も「RC3403ADB」が好みだった理由でした^^

あと機材協力してくれた、
友人とも話していたのですが、
どこか馴染みのある音。

例えば、歌謡曲などで聴いた音…
「味わいと懐かしい音」も感じたのも理由かもしれません。

僕自身、このOD-1は是非、
歌モノのバンドでは使ってみたいペダルです^^

今、発売されている物のほうが、
使い所の多いペダルは多いですが、
名機と呼ばれたモノに触れてみることは、
大切な事だなと再確認できたペダルでした^^

あと…発売初年度、
77年製の6000番台のもの、
あと7000番台、8000番台あたり、
「RC3403ADB」の個体はどんな音がするのか?

気になるところですね( ̄▽ ̄)

機会があれば是非、
検証してみたいと思います!

この記事をご覧いただくことで、
好みに近そうな物を選ぶ際の参考になれば嬉しいですね^^

最後に。

OD-1に興味を持たせてくれた、
@ConstipatedBeckさん、ありがとうです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました