「BOSS CE-1 Chorus Ensemble」エフェクターレビュー!

BOSS CE-1 Chorus Ensemble

BOSS CE-1 Chorus Ensemble

1976年~1980年代にかけて生産、
名機と知られる「BOSS CE-1」をレビューします^^

独特な形状の筐体、
単なるコーラスペダルではなく、
プリアンプ効果が得られる等々…

僕の憧れるミュージシャンも愛用するペダル、
手にすることで気付いたことが色々ありました。

ペダルレビュー

まず…デカイです。

横幅BOSSのコンパクトペダル3台分、
エフェクターボード内の存在感、圧迫感は相当なものです。

フットスイッチは2つ、
左のスイッチがエフェクトのON/OFF、
左がコーラス/ヴィブラートの切り替えです。

左のランプはON/OFFでの点灯ではなく、
入力信号に対して点灯します。

右のランプはエフェクトスピードに応じて点滅します。

ずっと点灯している状態、
オーバーロードのような状態でも、
壊れるということはありません。

それと「Level」のツマミが一つ。

BOSS CE-1 Chorus Ensemble Preamp

詳しくは後述しますが、
「High」「Low」の切り替えと連動、
いわゆるプリアンプセクションになります。

中身を見てみますと、

BOSS CE-1 Chorus Ensemble 基板写真

ICには「TA7136P1」、
これは製造年によって異なるそうです。

また製造年の判定方法、
これも定かではないのですが、
製造番号の一番左の数字がそうなのかな?と。

BOSS CE-1 Chorus Ensemble 製造番号

例えば「0」から始まる場合は80年製、
「8」で始まる場合は78年製といった感じ(※)。

※70年には販売されていないが「0」で始まる個体はある

これでいうと使われているICなども含め、
僕が所有する個体は78年製のものと予想しています。

また僕の物は「ローランド株式会社」、
ここが「ボス株式会社」の物もあります。


引用元:http://www.rockin.co.jp/shop/archives/18121.html

製造番号が「4」始まりで「84年製」、
つまり80年代の物となると「ボス」名義になるのか?

もし「知ってるよ!」という方がいらしたら、
教えていただきたいです^^

コーラス、ヴィブラートサウンドについて

この「CE-1」ですが
あのジャズコーラスアンプのコーラス部分を
抜き取ったペダルと言われています(※)。

※参照元:https://www.digimart.net/magazine/article/2014100101078.html

実際に音を聴いてみても、
太く暖かみがあり、広がりのある、
アナログコーラスサウンドです。

↓これは友人から借りた製造番号が近い「CE-1」のサウンド

Thanks @Tattttsun

製造番号が近いためか、
大きな個体差は感じませんでした^^

味わい深いといいますか…
空間を埋めてくれるような感じは、
たまらないものがありますね。

同じくBOSSのアナログコーラス「CE-2」、
「JC-40」のアンプ内蔵コーラスと比べても、

↓「JC-40」「CE-2」との比較動画

その特徴がよくわかるかと。

ただこの音の違い、1つの要因として、
CE-1に通した時のバイパス音にあると感じました。

CE-1の魅力はプリアンプ効果について

CE-1最大の特徴と言えるのが、
バイパス音、プリアンプを通った音です。

音痩せしているとも言われますが、
明らかに繋ぐだけ得られる音質変化があります。

プリアンプセクションは、
「High」と「Low」の2種類と、
「Level」のツマミで音量を調整します。

「Level」はクリーンなアンプ、例えば、
「JC-120」等なら音量が上がっていきます。

この2つのモードは繋ぐ楽器によって、
チョイスするものだそうですが、ギターの場合、
「High」は特徴的で太く歪む傾向があります。

これは歪むアンプ(※)に繋ぐと顕著で、
以下の動画のような効果が得ることができます。

※アンプは「OrganicSounds Scirocco」です

↓「Low」モードの場合

↓「High」モードの場合

このようにアンプをプッシュできますし、
ギター側のボリュームを絞った時でもこもりにくくなります。

で、音痩せと感じられるのが、
高域が劣化してしまう、削られてしまう、
こもった音になるから(※)だろうと。

※特に「High」モード

ただこれはCE-1単体で繋いだ時のお話。

前にバッファードペダル、例えば、
BOSS等のバッファードペダルを前段に繋ぐと、
CE-1単体の時のバイパス音、エフェクトサウンドは変わります。

↓前段にバッファードペダル(BOSS DS-2&Ibanez WH10)を繋いだ場合

↓前段にバッファードペダルを繋いでない場合

音痩せしていると感じる部分は解消されますし、
CE-1を繋ぐことで得られる、音質変化も感じ取れます。

つまり、結果的にCE-1を繋ぐことで、
「暖かみ・柔らかさ・コンプ感」を付加してくれると感じました。

僕が好きなミュージシャン、
John Frusciante、Char氏などなど、
このCE-1は外さずに使っています(※)。

※何らかのバッファードペダルは前段に繋いでますよね

その理由を何となくですが…
このバイパス音から感じ取れた気がしました^^

あと…言葉で説明するのは難しいのですが…

「CE-1」の「Level」の設定次第で、
歪み方、音量、頭打ちする加減などなど、
前段に繋ぐ歪みペダルの挙動にも影響します。

例えば、↓この「Hizmax」というペダルで、

このぐらいのボリューム設定で、
「CE-1」を介さない場合はもっと音量が下がる等々…

つまり、「CE-1」を繋ぐことで、
トータル的な音作りをしていく必要もありますね^^

年代別にCE-1を弾き比べてみました!

1976年、1978年、1980年、
製造年代別にCE-1を弾き比べしてみました。

BOSS CE-1 1976年製&1978年製&1980年製

BOSS CE-1 1976年製&1978年製&1980年製

年代別に弾き比べた印象として、
バイパス、エフェクト音ともに後年になるにつれ、
タイトで綺麗な音になるなぁと。

↓1976年製と1978年製を比較

↓1976年製と1980年製を比較

ちなみに1976年は生産初年度の個体、
初年度だけは使われているプリアンプICも別物、
回路も後年のものと違うとか。

※情報元 Thanks @Tattttsun

回路変更があった理由が何か…謎…ですが、
ひょっとすると入力の問題を改善するためかな?と。

…というのも1976年製の場合、
前にバッファ等を繋いであげるなど、
ローインピーダンスで入力してあげないと…
エフェクトの効きが弱くなるからです、、^^;

もともと…ギター用ではなかったペダルなのも頷けますね(笑)

なので、CE-1を単体使用するのであれば、
後年に生産されたCE-1のほうが扱いやすくなっている、
ギターにも使うことが想定され作られているとも感じました。

また今回の検証により、
生産時期によって音が変わるのは確認できました。

どの生産時期の個体が良いのか?
というよりは使い方、好みで選ぶと良いかと^^

僕は78年製の個体がCE-1に求めていた音ではありました( ̄▽ ̄)

まとめ

僕はプリアンプ効果に感動しました。

またCE-1の歪む特性を活かし、
アンプをプッシュする感じも好きでしたね。

単にエフェクトサウンドだけでなく、
+αの効果によるサウンドメイクの中核となり得る、
ボードから外せなくなりそうなペダルです(^^)

もちろん、コーラスサウンド、
ヴィブラートサウンドも立体的で、
奥行感のある音で非常に魅力を感じました。

古いペダルですが実用的で実戦的、
もしご自身の好きなミュージシャンが使っているなら、
是非、実際に体感してほしいペダルですね^^

ちなみに近年のペダルであれば、
「RETRO SONIC Chorus Ensamble」
あたりは良い線までいっていました。

でもやっぱり「CE-1」がいいな…
壊れたらどうしよう…

そう考えるとスペアを…
確保しておきたいと悩んでいます(笑)


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください