「BOSS BD-2」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

BOSS-BD-2

発売されたのは1995年ですが、
いまだに評価・人気の高いエフェクターです。

僕も使う使わないは別にして、
手放さずに持っている数少ないペダルの一つですね^^

スポンサーリンク

サウンドレビュー

オーバードライブとしてはもちろん、
クリーンブースター、さらには…
ファズっぽい歪みまでカバーしてくれます。

例えば、ドライブを3時程度まで上げた状態なら、
手元でハードドライブ~オーバードライブ、
クランチ~クリーントーンとゲインコントロールも可能です。

基本的に高域にフォーカスされた、
サウンドが特徴ですがトーンの効きも良いので、
暖かみのある音も作れます。

歪み自体は粗い感じはありますが、
その分、バイト感はしっかりあるので、
ピッキングニュアンスもきちんと出るのは魅力ですね。

名前からすると、
ブルース用と思われそうですが、
ロックでもポップスにも使えます^^

特にローゲイン、
クランチサウンドで使うと、
歌もののバッキングにもズバッとハマりますね。

ブルースドライバーはクランチサウンドが絶品!

個人的な使い方としては、
クランチで使うのが一番好きですし、
ポテンシャルを最大限に引き出せるんじゃないかなと。

クランチサウンドは、
フェンダー系やマッチレスともいわれていますが、
とにかく、プリアンプとして使える一台です。

またギターボリュームを絞った時でも
「高域が劣化しにくい・こもりにくい」のも特徴です。

これが逆にシャリシャリする、
といった印象を持たれる人もいるでしょうけど、
僕は音がぼやける、こもるよりは断然良い派なので気になりません。

あと巷で言われる不満点として、
低域のボヤけ…ですが、確かにあります。

…で、その点を改善された、
「RE-J」や「keeley」が出している、
モディファイBD-2というわけですね^^

BD-2の初期モノは音が違うのか?検証してみました

「BD-2の初期モノは音が違う!」
という噂を聞きつけ、1995年製のBD-2もゲットしてみました。

比較動画を撮ってみました。
右が1995年製、左は2013年製、
一般的に後期型といわれている個体(※)です。

※「BOSS JB-2」が発売される前後ぐらいに基板が変わっているので、後期型はそれ以前のバージョンと考えてもらうとよいかも。

一般的に高域のジャリつき感が強いとは言われていますが、たしかにその通りかなと。

個人的には原音感を感じる、特に手元のギターボリュームを絞った時でも、音の芯がきちんと出る、そんな印象も持ちました。

ただ、BD-2はBD-2(笑)別物、というわけではなかったです。ギター側のトーンを駆使するプレイヤーだと、初期BD-2は弾く楽しさが増すかもしれませんね^^

BD-2のモディファイペダルについて

【RE-J/Super】

BOSS BD-2/Superの画像

BOSS BD-2/Super

僕も気に入っていて、
一時期はよく使っていました。

オリジナルの粗い感じが軽減され、
反応性はさらに良くなっています。
プリアンプ的な使い方もできます。

ただその分、
少し弾きにくく感じられるかもしれませんね。

【keeley BD-2】

オリジナルよりも、
モダンな歪みでかなり音は太くなったなと。

トーンの効きが滑らかで、
使いやすくなっていますよね。

【WEED BD-2】

かなりハイファイ、
個人的にはちょっと音が硬すぎた印象で、
僕的にはイマイチでしたね、、

まとめ

モディファイものの話をしましたが、
オリジナルのブルースドライバーでも十分に使えます。

逆にこの価格帯で、
これだけ守備範囲が広く使えるのは、
名機と呼ぶにふさわしいエフェクターかと。

あとペダル自体で必要以上に、
出音がスポイルされないので、弾き手の力量がモロにでます。

なのでBD-2でも、
めちゃくちゃ良い音を出すことも可能です^^

ちなみにBOSSということもあり、
耐久性も優れているので、壊れにくいので、
一家に一台あると何かと便利なペダルですよね^^

楽天市場で探す

Amazonで探す

サウンドハウスで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました