1968年製「VOX Clyde McCoy Wah」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Transition version with clover inductor Clyde McCoy

Vox Clyde McCoy Wah 1968年製

僕にとっては聖域とも呼べる、
初めてのヴィンテージVOXワウです^^

友人がヴィンテージVOXワウを弾いた、
とある動画を見せてもらったのがきっかけで
急に欲しくなってしまいまして…^^;

今回手に入れた物は、
近くの楽器店で半ジャンク品として、
ずっと前から知っていました。

試しに何とか音は出したら、
何とか使えそうだったので手に入れてみました^^

ペダルレビュー

今回手に入れたClyde McCoy Wah、
おそらく1968年製のものと認識しています。

中を見た時に見慣れない、
インダクターがのっていたので、
リプレイスされているのかな?と。

VOX Clyde Mccoy Wah 基板

しかし国内のサイトでは情報が見つからず、
かなり謎の多い個体でした^^;

しかし、Spwonderboyさんの情報によると、
「クローバーインダクター」と呼ばれる、
比較的珍しいインダクターだそう。

教えていただいた海外サイトを見ると、

「Transition version with clover inductor Clyde McCoy」

といった名前で、
同じ物を見つけることができました^^

Vintage Vox Wah pedal - Transition version with clover inductor Clyde McCoy
引用元:https://www.worthpoint.com/

ちなみこのインダクターの詳細は不明ですが、
60年代「Clyde McCoy Wah」に使われている、
「Halo」インダクターと中身は一緒だろうと。

VOXワウの歴史をいえば、
初期「Gray Wah」を除きますと、
まずは「Clyde McCoy Wah」。

「Clyde McCoy Wah」も、
マッコイ氏の顔写真のあるピクチャーワウから、
顔なし文字のみのシグネチャーへ(※)。

※情報参照元:Wah特集TC楽器

そして「V846」へと続きます。

vintage vox v846

で、今回手に入れた物は、
コンデンサーにトロピカルフィッシュ、
クローバーインダクターという仕様の物。

あと裏ブタはこんな感じ。

Transition version with clover inductor Clyde McCoy Back image

これは「Clyde McCoy Wah」から、
「V846」へ移行する時期のものに見られる物とか。

あと特徴として筐体がやや軽めです。

これは現行「Crybaby」はもちろん、所有する、
70年代の「Thomas Organ Crybaby」と比べても、

Thomas-Organ-Crybaby-95-910511

Thomas Organ Crybaby

明らかに軽かったですね。

サウンドレビュー

ヴィンテージVOXワウの経験がないので、
何ともレビューを書くのは難しいのですが…
とにかく太く甘い音、それが第一印象でした。

レジェンド達が使用してきた、
あのニュアンスを垣間見れた気がしました^^

カッティングでも使えますが、
ファズなどを絡め、リードプレイを弾く、
そんな使い方が映えるなと。

あと独特なのが踏みしろ自体も浅く、
踏み込みの最後でエフェクトのかかりがきつくなります。

エフェクトのかかり方は普段使っている、
「Thomas Organ Crybaby」が滑らかで、
このVOXワウは癖があるな…と感じました。

あともう少し高域寄りな音が好みだったので、
ギアの噛み合わせも調整し、トーマスオルガンとも比べてみました。

クリーン↓

歪ませた時↓

セッティングを変えても、
やはり「らしさ」は残ると僕は感じました。

これはもうこの個体の音なのでしょうね^^

現行品のクライドマッコイ系モデルと比較して

手持ちにクライドマッコイ系ワウがなく、
あくまで記憶からの話となります。

まず音、ニュアンスが近い、
現行品のレプリカモデルとなると歪む、
音に透明感が欠けて濁って聴こえるといいますか…

しかしこのVOXワウは、
音は太くても透明感があり、
そういった違和感は感じませんでした。

あとアッサリとした、
音に感じるものもありますね。

例えば以前レビューした、
Grey Fox」ワウはどちらかというと、
アッサリしている印象でした。

Sonus-Pedals-Grey-Fox-Wah-cap

たぶん、使いやすさでいうと、
「Grey Fox」なのでしょうけどね(笑)

…と、現行品でも良いものはありますし、
結局は好みなので、良し悪しは言い切れるものではありません。

ただ特にペダルを踏みこんでいった時、
クワッと食いついてきてくれる感じですとか、
カカト側にしても音が引っ込まない感じ。

それといわゆる肉声的な、
奥行き感…立体的に感じる音、
ヴィンテージならではのものがある、
と僕は実感したペダルでした。

古い物ゆえのトラブルは心配…

僕は今回、半ジャンクを手に入れましたが、
売っていたお店でも原因が分からず、
ずっと放置されていたそう(笑)

音が出る時と出ない時、
あと異常に大きなノイズが出るなど…
ライブに使うのは…躊躇しています^^;

結局、自分で触ってみたところ、
バッテリースナップ交換とジャック周りの洗浄、
あと差し込む側のシールドなどを見直すことで、
だいぶんと調子はよくなりました^^

ただこの当時の物となると、
電解コンデンサのトラブルも聞きますので、
オーバーホールしたほうが良いかもしれませんね。

とりあえず最近は機嫌良く鳴ってくれてます(笑)

著名なビルダーの方にみてもらったところ、
結局、トランジスタの調子が悪いとのことで、一つ交換しました。

オリジナルのトランジスタも音はでますので、
比較しましたがそこまで大きな差がない状態に直してくれました^^

まとめ

ヴィンテージが最高!とはいいません。

でも確実に古い物だからこその味わい、
音はありますよね、きっと。

これはワウに限った話ではなく、
「Phase90」「TS808」「RAT」などにも、
共通して感じる部分です。

ただ特にワウに関して言えば、
顕著に好きなポイントが古い物に感じました。

それはトーマスオルガン然り、
好きで使っている理由でしょうね^^

60年代のVOXワウは、
なかなか見かけないかもしれませんが、
もし弾ける機会があれば是非、体感してみてほしいです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました