備忘録〜歌モノ(POPS)バンドでの音作り〜

スポンサーリンク

実は先日、友人のバンドさん、
歌モノのバンドにサポートギターとして、
ライブに参加する機会がありました。

ジャンルはPOPS。

基本的にはアンプ直のクリーントーン、
もしくは軽めのクランチサウンドぐらい。

ソロを弾く時だけ、
ブースターを踏めば十分といった、
いつもプレイしている環境とは違う、
貴重な体験をさせてもらいました(笑)

My Live Setting

ライブ自体は久々のライブで、
色々ありましたが、、楽しめました^^

で、今回参加したバンドさんだと、
普段の音作りでは合わないということで、
音作りを再考する必要がありました。

今回の音作りでポイントとなったのは、

  • 最大ゲインはオーバードライブぐらいでOK
  • ギターボリュームを絞って綺麗なクリーン
  • ロー(低域)はカット気味
  • 音が太すぎない

という点でした。

この場合、アンプで基本のトーン、
クランチサウンドを作ってしまい、
ソロでブースターを踏めばよいわけですが、、、

自分の好きなクランチサウンドを作れる、
アンプがあるとも限りません^^;

※実際この時は僕の好きな、
 Marshall JCM2000(DSL-100)ではなく、
 苦手なJCM-900でした(笑)

そうなると、歪みペダルをプリアンプ的に
使ったほうが安心というわけですね^^

僕の場合、普段は「Fulltone OCD」を
使っていて、これで十分だったりします。

fulltone OCD Ver7

でも「OCD」の場合、
ローゲインな音作りをする時は
やや苦手なのかな?と気づきまして、、

僕の所有する「OCD」は、
音圧感・低域の出方が大人しい、
バージョンのものですが、やっぱり、、
低域がでるペダルだと感じました^^;

これは特にゲインを下げていくと
顕著に表れますね。

今回参加したバンドさんの場合、
低域、下手したら中域もあまりいらない、
ソリッドな音を求められていまして^^;

「OCD」だと、音が派手すぎたんですよね^^;

またソリッドなサウンドとはいえ、
チューブアンプ系のサウンドのほうが良い、
といった要望もありまして(笑)

で、結局のところ、最終的に何を使って、
音作りをしたのかといいますと、

Jetter Gear Jetdrive

「Jetdrive(※)」を使用しました。

※「Jetdrive」については以前レビューした、
 こちらの記事をご覧ください^^

このペダルは「Jetter Gear」という、
ブランドのものなんですが、かなり、
クオリティが高いペダルです。

存在は知っていたのに、
弾く機会がなかったのでもっと早く、
弾いておけばよかったな~と^^;

ちなみに「Jetter Gear」のペダルを
弾くきっかけになったのは、友人がおすすめ!
ということで持ってきたペダルです^^

彼はプレイヤーとしても素晴らしいだけでなく、
なかなかのエフェクター狂でして(笑)

で、彼には同ブランドのエフェクター、
Red Square」を弾かせてもらいましたが、
これがかなり良い感じでして^^

そこで手に入れたのが「Jetdrive」です。

あと、今回あらためて思ったのが、
手持ちのペダルでも使ってみたい!と思える、
ペダルがあることです(笑)

例えば、「MAR」も久々に弾きましたが、
ポテンシャル、トーンの良さを再認識できましたし、

Leqtique Maestro Antique Revised

Maxon VOP9」なんかも好印象でした。

Maxon VOP9 Vintage Overdrive Pro

特に「MAR」に関しては、
本当にコストパフォーマンスが高いな、と。

生産完了してしまったことが本当に惜しまれます、、

またここ最近、
エフェクター好きの友人が増えましたが、
もっぱら弾く機会が多いのが、、

「歪み系」のエフェクターたちです(笑)

世のエフェクター好きの方たちも弾く機会が多いのは、
やはり歪み系なのかもしれませんね。

「歪み」

こればかりはいつまでも探究する、、
きっと尽きることはないんでしょうね^^;

【今回のライブで使用した機材】
Guitar:Fender CS 1960 Stratcater
Amp:Marshall JCM900

-使用したエフェクター-
Ibanez WH-10

Maxon VOP9

Jetter Gear Jetdrive

Zoom MS-50G

Handmade Delay

でした^^


コメント

タイトルとURLをコピーしました