「Mad Professor Little Green Wonder」再レビュー!

スポンサーリンク

先日コメントにありましたが、
Mad ProfessorのLittle Green Wonderは最近使っていないの?
ということからちょっとLGWをひっぱり出して弾いてみました。

little green wonder画像

↑ちなみにツマミは変えてます(笑)

LGWは発売後購入し、ずっとメインの歪みでした。

音のキャラクターは違いますが、
okkoのdiablo、シゲモリのペダルに引導を渡したのはこのLGWだったんですよね。

そんなLGWを今使わないのは・・・
決して嫌いになったのではなく、バンドアンサンブル内でちょっと使いにくくなったからです。

どういうことか?といいますと、LGWは・・・
かなりレスポンスがよく、コンプレスなサウンドでとにかくローミッドがでます。

コンプレスな歪みは他にもあるでしょうけど、
TS系に属するペダルの中ではコンプレッションは弱く、音が早い部類に入ると思います。

久々に弾いてみて思いましたが、やはり上記印象は変わらず感じました。

とにかく音は太いんですよ、暑苦しいぐらい(^^;

あと原音に忠実なタイプではないですね、このコは(笑)

太さ+空気感のようなものを付加しますので、
その感じが「アンプを選びにくい」「アンプ的な」ペダルと感じるのかもしれません。
感覚的には「エッジがとれ、温かみのあるトーンに変える」といったところでしょうか。

ペラペラの音であっても太いサウンドが得られますので、
この過度ともいえるサウンド変化を良しとしない方は・・・嫌いでしょうね(苦笑)

ちなみに、BD-2/Superと比べたんですが、そう感じました。

BD-2/SuperもオリジナルのBD-2に比べ、細くカリカリした部分が改善されているので、
太さ・・・肉厚感はあるのですが、LGWの場合はそれ以上に太い音なんです。

ですからそこがちょっとアンサンブルの中では使いにくい、
と感じる時もあるんです。特にギターが2本ある場合だと尚更のことです、、

音の太さもどちらかというと、巻き弦あたり、4~6弦あたりの太く音がでます。
ちょっと1~3弦の音はそれに比べると細いように感じます。

そういった特性からすると・・・もっと中域~低域で太い音がだしたい!欲しい!
そう感じている方にはLGWは良いチョイスといえると思います。

あ、それからゲインブースターとして使うと良いすよ!

ぶっとく適度なコンプレッション感を得ることができますので、
かなり気持ちの良いリードトーンを得られます。

ちょっと次回のスタジオでブースターとして使ってみようかな?
と思わせてくれました(^^)v

まとめると、「太い音が欲しい」、
特に「巻き弦の音に太さが欲しい」方にはおすすめしたいですね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました